埼玉県の外壁塗装、屋根塗装なら外壁塗装フォーラム

営業時間 8:30 〜 19:00(水曜・第2、第4日曜除く)電話080-3014-7380

防護菅についてのお問合せにつきましては、ご契約の電力会社にお問合せください。こちらにお問合せいただいてもお答えしかねます。

2021年12月24日 20:30

屋根に雪止めは必要!?費用やメリット・デメリットを解説

屋根に雪止めは必要!?費用やメリット・デメリットを解説

屋根から思わぬ落雪があり、隣家や人に落ちて大変な事になってしまった・・・
なんて事にならないためにも、「雪止め」を設置してこのような事態にならないように備えておく必要があります。
本ページでは、屋根の雪止めの必要性や塗装はいるのかどうか?費用やメリット・デメリットを解説しています。

本記事で分かること

・雪止めは落雪を防ぐためにも必要
・塗装は例外を除いてしなくても問題ない
・雪止めのメリット・デメリットを解説

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

屋根に設置される「雪止め」とは?

屋根に設置される「雪止め」とは?

あなたのお家の屋根には「雪止め」は設置されていますか?
あまり雪が降らない地域にお住まいの場合には、もしかしたら設置されていないかもしれません。
では、聞き慣れないこの器具は何のためのものなのでしょうか?

雪止めとは、
屋根に積もった雪が落雪しないために設置する設備のことです。
では、何故落雪を防ぐために必要なのでしょうか?

実は、毎年「落雪」によるトラブルが後を経ちません。
と言うのも、隣家の庭や車の屋根に向かって大量の雪が落ちてしまったり、
最悪のケースでは、歩いている方に落ちてしまって大怪我を負わせてしまう可能性もあります。

こういった事故を事前に防ぐためにも、
雪止めは設置しておく必要があると言えます。

屋根に雪止めが必要な地域とは?

屋根に雪止めを設置しておきたい地域として初めに頭に浮かぶのは、
北海道や北陸地方などの恐らく豪雪地帯でしょう。
しかしながら、本当に必要なのはこのような地域ではありません。

と言うのも、
豪雪地帯の場合、雪の量があまりにも多すぎるため、
雪止めを設置すると、金具をダメにしてしまったり、雪の重さで家にダメージを負わせてしまう可能性があります。

また、
雪かきをするのが日常でもあるため、
そのような時にも雪止めが邪魔になってしまうと言う理由もあります。

対して、
雪があまり降らないような関東地方や関西地方こそ、
雪止めを設置しておくほうが良いと思います。

仮に年に1回、2回雪が降るかどうかの場合であっても、
いつ、積もるほどの雪が降るかは誰も予想ができません。
もし、そのような事態になった場合、隣家に迷惑をかける可能性があるのです。

他人への迷惑を未然に防ぐためにも、
雪がたまにしか降らないと言う地域の方こそ「雪止め」が必要なのです。

屋根塗装をすると雪が滑りやすくなる

雪止めは設置していないけど、
最近屋根塗装や外壁塗装を行ったと言う方は注意が必要です。
施工後は、雪がとても滑りやすい状態になっているので、大量の雪が降った場合には落雪の危険性が高まります。

何故、屋根塗装後に雪が滑りやすくなるのかですが、
工事前に劣化でザラザラだった表面を滑らかにして綺麗に整えているため、
雪がとても滑りやすい状態になっているのです。
また、塗料の撥水効果も相まってさらに滑りやすくなっています。

工事後であり、雪止めを設置していない場合には、
落雪の可能性もあるので、設置をするかどうかを検討してみてください。

雪止めの種類について

雪止めの種類について

一般的に屋根に設置される雪止めは、以下の3種類となります。

・アングルタイプ
・羽根つき
・扇形

屋根の形状などに合わせて、様々な種類が発売されており、
材質なども種類が多いのが特徴でもあります。
実際に、どのような特徴があるのかをご紹介していきたいと思います。
分かりやすいように一覧表にしてみたので是非ご確認してみてください。

雪止めの種類別特徴一覧

アングルタイプ 長い棒状になっている雪止めです。
その他の種類に比べても落雪を防ぐ効果が最も優れています。
デメリットとして、屋根の形状によっては目立つ可能性があります。
羽根つきタイプ 鳥の羽のような形をしているのが特徴的です。
メリットは、目立ちにくい点やアングルタイプの雪止めが設置できない屋根にも取り付けができる点です。
設置時に間隔を取って取り付けるため、アングルタイプに比べて落雪予防の効果は低いとされています。
扇形タイプ 扇状になっているのが特徴的です。
屋根の隙間に挟むことで設置をしていくタイプで、施工しやすいのがメリットです。
また、大きさも3種類の中でも最も小さいです。
扇型はスレート屋根に施工されることが多いです。
デメリットとして、落雪予防の効果が低いと言う点です。
無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

屋根に雪止めを設置する際の費用について

屋根に雪止めを設置する際の費用について

屋根に雪止めを設置したいと考えた際に、いくらぐらいの費用がかかるのか気になりますよね。
後付けでも、他の工事と一緒でも大体どの程度の金額が費用なのか頭に入れておきたいところ。
今から、スレート、金属系、瓦の3種類の雪止め設置費用ついてご紹介していきたいと思います。

屋根の雪止め設置費用

屋根の種類 雪止め設置費用
スレート 6〜8万円
金属系 8〜15万円
9〜35万円

上記の費用は、
30坪の一般的な戸建ての屋根を想定して算出しています。

ただし、
上記の費用は、あくまで雪止めの設置費用のみとなっています。
その他の費用として、「足場代」が別途で必要となります。

上記のような30坪の一般的な戸建ての場合には、
足場代は、おおよそ15万円程度となりますので、
スレート屋根ですと20万円〜25万円程度の費用がかかる計算になります。

したがって、
雪止めを設置するタイミングとしては、
外壁塗装、屋根塗装と一緒に行うのが無駄が省けておすすめです。

屋根に雪止めを設置するメリット

屋根に雪止めを設置するメリット

屋根に雪止めを設置することで得られるであろうメリットについてまとめてみました。
良い点は、大きく分けて2つとなります。
では、早速見ていきましょう。

落雪によるトラブルを防ぐことができる

冒頭でもご紹介した通りですが、
落雪には様々なトラブルが起きてしまう可能性があります。

屋根に積もった雪が必ずしもあなたの敷地内に落ちるとは限りません。
イレギュラがーあれば当然、隣家、道路などに落ちることもあるでしょう。

また、
隣家の庭に落ちただけならまだ良いですが、
車の屋根などに落ちてしまって凹ませてしまったり、何かを壊してしまったらトラブルに発展します。

さらに、
最悪のケースでは、歩いている方に向かって落雪してしまった事によって、
死亡してしまうなんて事故が起きてしまうかもしれません。

人の命を奪いかねないほど重く硬くなる雪です。
是非、そうならないためにも事前の雪止めの設置を検討してみて下さい。

雨樋などの破損を防ぐ

屋根に積もった雪は、雨樋などの付帯部まで影響を及ぼします。
そして、これが長い間放置される事で破損のリスクが高まります。
こういった付帯部が破損してしまうと、工事が必要となりますので、余計な費用もかかります。

あまり目立たない部分ですが、
家の重要な機能として必要な箇所でもあります。
是非、こういった部分のダメージのことも考えて雪止めの設置を検討してみてください。

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

屋根に雪止めを設置するデメリット

屋根に雪止めを設置するデメリット

メリットをご紹介していきましたが、
デメリットもありますので、雪止めを設置する際の悪い点についてもご紹介していきたいと思います。

雪が降らないと費用が無駄になる

毎年雪が降るような地域であればあり得ないですが、
たまに降るくらいの地域で、たまたま設置後に1年、2年と降らないと
なんとなく費用が無駄になったような感覚になってしまう方もいるでしょう。

今回、デメリットとして費用面でご紹介させていただきましたが、
費用はかかるものの、設置しておく事で、
今後の事故を防ぐことができたり、損害賠償などによって余計な費用がかかるのを防いでくれると考えるともしかしたらメリットになるかもしれませんね。

雨漏りの危険性

雪止めは、その屋根の形状や種類に合ったものを使用して、
適切な施工を行うことで、最大限の効果を発揮します。

しかしながら、
あまり知識や技術力がない業者に頼んでしまうと、
適切な雪止めの施工ができておらず、結果的に雨漏りになってしまうと言う危険性もあります。

また、
スレートの場合には、隙間に挟むことで雪止めを設置しますので、
適切な処置ができていないと、防水シートを破損させてしまう恐れもあります。

雪止めは塗装する必要はあるの?

雪止めは塗装する必要はあるの?

「雪止めって塗装の必要があるのですか?」
たまにこんな質問を頂くことがあります。
といってもほとんどありませんが。。。。

実際のところはどうなのでしょうか?
塗装を推奨している業者もあると思うので、一概に言えないですが、
私的には塗装自体は例外を除いて必要ないと思っています。

では、
どう言うことなのかを今からご紹介していきたいと思います。

雪止めの状態を見て塗装を判断

もし、設置されている雪止めが新しいものであるのであれば、
基本的には、メッキ層が塗布されているので上から塗装する必要はありません。
ただし、雪止めのしたの屋根の部分はしっかりと塗装をする必要があります。

対して、
既に雪止めが何かしらの劣化が見られる場合には、
錆止めなどを塗装した上で、塗装を行う必要があります。

しかしながら、
雪止めの塗装が重要なのではなく、
既に設置されている雪止めを外して、その下の屋根をしっかりと補修すると言うことです。
その上で、雪止めを塗装する必要があります。

判断が難しい場合には、
まずは業者にどうしたら良いのかを聞いてみましょう。

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

屋根の雪止めについてまとめ

屋根の雪止めについてまとめ

本ページでは、
屋根に設置されている「雪止め」についてご紹介させていただきました。
最後に今回の内容を振り返っていきましょう。

  • 雪止めは、落雪を防ぐための設備である
  • 落雪は、トラブルになりやすい問題
  • 雪止めには大きく分けて3種類がある
  • 事故を事前に防ぐためにも設置はしておくほうが良い
  • 費用は、大体5万円〜8万円程度

いかがだったでしょうか?
「雪止め」ってなんなの?
うちの住んでいる地域はあまり雪が降らないからいらないでしょ・・・・

なんて思っていた方によく知ってもらいたいと思って本記事を執筆しました。
たまにしか降らない地域だからこそ、
隣家などに迷惑をかけないためにも必要な設備でもあります。

もちろんつけなくても、
落雪がなければ永遠に問題が起きないでしょう。
しかしながら、「もしかしたら」と言う時に備えて設置しておくものなのです。

ただし、
しっかりと知識や技術力がある業者に相談した上で、
設置するかどうか、設置する雪止めの種類などを決めてくださいね。


埼玉県にある外壁塗装フォーラムでは、
経験豊富なスタッフ陣が丁寧に施工&アフターケアを行っています。
どんなに小さなご相談でも無料で受け付けております!
また、現地調査なども無料で訪問させていただいています!
初めて外壁塗装を行うという方や、業者選びで迷っている方は、まずは気軽にお問い合わせください。
ご相談や、お見積もりに関しては、お電話&当サイトのお問い合わせフォームよりお受けしております。

お電話の際は、HPを見たと一言ください。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ&ご相談お待ちしております

簡単ステップでお見積もり!

01,お問い合わせ

お電話またはネットから必要事項を入力して送信

02,調査

お問い合わせ内容を元に、調査を行います。

03,お見積もり

綿密な調査の元、最適なプランをご提案します。

この記事を執筆した著者:外壁塗装フォーラム

外壁塗装フォーラムのスタッフです。 当サイトをご覧いただきありがとうございます。 業界20年以上の経験豊富なスタッフが一生懸命、分かりやすいように執筆しております。 あなたのお悩み解決のお役に立てれば幸いです。

関連記事

簡単ステップでお見積もり!

01,お問い合わせ

お電話・HP・LINEからお問い合わせ下さい!

02,調査

実際に伺って、調査を致します。

03,お見積もり

調査を元に最適なプランをご提案します。