埼玉県の外壁塗装、屋根塗装なら外壁塗装フォーラム

営業時間 8:30 〜 19:00(水曜・第2、第4日曜除く)電話080-3014-7380

防護菅についてのお問合せにつきましては、ご契約の電力会社にお問合せください。こちらにお問合せいただいてもお答えしかねます。

外壁塗装の色選びでの失敗例と事前に注意しておきたいポイント

外壁塗装の色選びでの失敗例と事前に注意しておきたいポイント

外壁塗装をする上で、最も重要だと言っても過言ではないのは”色選び”です。
ただ、好みのものを選べばよいというわけではありません。
一度、塗装をすればそれこそ約10年ほどは塗り替えることはありませんし、費用もそれなりにかかります。
そこで、一番大事なのがこの”色選び”なんです。
そのため、失敗しないように事前に知識として頭の中に入れておきたいポイントをまとめましたのでご紹介します。
よくある失敗例やトラブルから風水での色選びなどを一緒にチェックしていきましょう。

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

外壁塗装の色選びでのよくある失敗例

まずは、外壁塗装の色選びでよくある失敗パターンを見ていきましょう。
実際に、このような現実を受け止めなければいけない方がいらっしゃいます。
一度、トラブルになってしまうと、なかなかすぐに修復できないというのが辛いところ。
以下のようなトラブルにならないためにもまずは、失敗例から学んでいきましょう。

希望した色と違った

見積もり時に注文した色になると、ワクワクしながら工事が終わるのを楽しみにしていたけれども
いざ、工事が終わってみると、希望していた色と異なっていたなんてことがあります。
実際に、このような失敗例はよくあります。

これらの原因として考えられるのは、業者へ希望していた色をしっかり伝えられていなかった場合と
サンプルやカタログで見ていた見本色にしたところ、工事後実際に見てみると、
思っていたより色が濃かったor淡かった場合です。

業者へ外壁塗装をお願いする時には、
しっかり自分がしたい希望の色を細部まで細かく伝えることがとても大事になってきます。
また、サンプルやカタログで見る見本色は、その場の環境によってガラッっと色の見え方が異なる場合があります。
例えば、とても明るい場所で見たときと、少し暗い場所で見た時で変わります。
また、お家は実際には自然光の下で見るものなので、注文時には一応、自然光で見本色を見ることをおすすめします。

■希望の色が違った失敗パターン
①業者へ希望していた色をしっかり伝えられていなかった場合
②サンプルやカタログで見ていた見本色と違った場合

塗装前より汚れが目立ってしまった

こちらも意外に多いんですが、塗装前の色より工事後の新たな色の方が、汚れが目立ってしまったという例。
これらも仕方がないことなのですが、色によって外部の汚れが目立ってしまうものもあります。
常に、雨、風、埃など外部からのダメージを受けていますので、仕方ないといえば仕方ないんですが、
このような失敗をしないためには、事前に業者に汚れが目立ちづらい色を聞いておくことがベストです。
希望の色と汚れが目立ちづらい色をまずは、チェックしておきましょう。

近隣の住宅などと比較して浮いてしまった

とても多い失敗例というわけではありませんが、こちらも度々聞く失敗パターンになります。
住宅街などで、周りの住宅や建物に対して、自分の家だけが目立ってしまって浮いてしまっているパターンです。
場合によっては、近隣からクレームがくるなんてことも・・・
あまりに目立つ色、奇抜な色を使うのは避けた方が良い場合もありますので、よく注意してください。

外壁塗装の色選びで失敗しないための注意ポイント

外壁塗装の色選びで失敗しないための注意ポイント

では、ここからは実際に外壁塗装の色選びで失敗しないために、事前に注意しておきたいポイントをご紹介していきたいと思います。
是非、一緒にチェックしていきましょう!

落ち着いた色&汚れづらい色を選択する

外壁の色は人それぞれ好みがあるので、あくまでアドバイスですが、
明るかったり、奇抜すぎたりするような周りから浮くような色にするのはあまりおすすめできません。
基本的に、お家の色は落ち着いた色にしておくのが無難でありベストだと思います。

自然を引き立たせるような親しみやすい色味や悪目立ちしない色を選んでおくと、
仕上がりも上手くいくことが多いほか、周りの風景に溶けこむことができます。

また、色を選ぶ際には汚れづらい色にするのもお忘れなく。
どんな色を使っても経年劣化で結局は、汚れていきますが、なるべくなら長持ちさせつつ、快適に暮らしたいものです。
是非、この2点に注意して業者にお願いしましょう。

近隣の街並みや景観ガイドラインをチェック

これにしたい!という色が決定したら、今度は実際にお家の近隣を回ってどんなカラーで塗装されているのか確認しましょう。
これは前項目と同じく、周りから浮いて、悪目立ちをしないためでもあります。
また、確認する時には、「晴れの日」、「曇りの日」と分けるほか、遠くから見たとき、近くで見たときでどんな具合かも観察しましょう。

さらに、市区町村によっては「景観ガイドライン」というものが定められている場合があります。
これは、街の風景を損なわないために、建物などの外観のカラーを取り決めているものになります。
この「景観ガイドライン」の有無の確認は絶対にしておきましょう。

以上、ご自分のお家の近隣住宅のカラーや「景観ガイドライン」の有無の確認を事前にチェックしておくことで、
無難で自然に溶け込み、安心できるお家作りができるようになります。

面積効果による違いを把握しておく

「面積効果って何!?」
そんな、質問が投げかけられているような気がしますが、
これは、外壁の色が同色であても、大きな面積と小さな面積で見え方が異なるというものです。
いわゆる色の見え方による錯覚になります。

「これを実際に注意する場面でいつ!?」
実は、業者の見本やカタログなどで見るときに注意して欲しいんです!
基本的に、サンプルって小さいものの場合が多いですよね。
そうなると、実際に塗装する外壁とは面積の大きさが異なり、実際の見え方も異なってくるのです。

たとえ、同じ色だからと行って、面積の大きさで明るくも、暗くも見えるもんなんです。
是非、これらにも注意しておきましょう!

外壁以外の部分との色の兼ね合いもチェックしよう

外壁塗装というと、つい外壁にだけ目がいっちゃいますが、塗装後のことも事前に考慮する必要があります。
というのも、外壁だけがとても綺麗でも実際に工事してみると、
屋根やサッシ、ドアと比べて色が浮いてしまっているなんてこともあるからです。

せっかく希望の色で塗装したのに、完成してみれば屋根との相性が全然合わない・・・
こんなことになってしまうと、追加料金を支払って再び工事をしなければいけません。
こういった事態にならないためにも事前に、全体のカラー相性を見ておくことをおすすめします。

カタログやサンプルの色は必ずしも正確ではない

外壁塗装の色選びを最初にする際、業者からカタログやサンプルなどの色見本を提示されることが多いと思います。
実際に、この見本を見てどの色にするか決定する方が多いでしょう。
また、ソフトやツールなどでカラーシミュレーションを行う方もいるのではないでしょうか?
しかし、そもそもパソコンなどを使用してのシミュレーションは画面の明るさなどで実際のカラーと全く見え方が異なるのでおすすめしません。

では、実際にどうすればいいのでしょうか?
カタログやサンプルを見せてもらう際、必ず太陽光などの自然下での光の当たり具合でも確認しましょう。
蛍光灯が当たっている場所で確認するよりは、まだ仕上がりに近いイメージができると思います。

また、可能であれば、その色見本を家の外壁に当てて見て確認するのも良いでしょう。
その他可能であれば、希望の色を実際に使用しているお家(現場)に連れて行ってもらい、見比べてみましょう。
ただ、すべての業者が実際の現場を見せてくれるわけではありませんのでご注意ください。
まずは、色見本を自然光で確認してみることから始めましょう。

試し塗りをしてもらう

外壁塗装の色を決定したら今度は試し塗りを業者にお願いしてみましょう。
と言っても、実際に家の外壁に塗料を塗る作業を行うわけですから、必ずその業者にお願いするというのが前提になります。
したがって、事前に業者を決定した上でしないといけない工程になります。

また、試し塗りをしてもらったら、晴れている日、曇っている日での色の見え方を確認しておきましょう。
そして、実際に試験塗りをしてもらう際には、実際の仕上がりイメージを想定するために、
1㎡以上の範囲に塗布してもらうことを忘れないようにしましょう。

中塗り後に見え方を確認

基本、外壁塗装を行う際には、下塗り後に上塗り塗料を2度塗ります。
簡単な工程で表すと、下塗り > 中塗り > 上塗りとなります。
そのため、中塗りを終えた後に、業者によっては飛散防止シートを外して、中を確認させてもらえる場合があります。

中塗り後の確認で、他の色に変更したくなった場合やなんとなくイメージと異なった場合は、
別の色に変更してもらえる場合があります。
ただ、一度設置した飛散防止シートを外しての作業となりますので別途で料金が掛かりますので要注意です。

あた、中塗り後の確認は業者によっては断られる場合もあります。
こちらが気になるという方は、事前に業者に確認しておくのが良いでしょう。

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

外壁塗装の色選びでのおすすめポイント

外壁塗装の色選びでのおすすめポイント

では、今度は実際に色を決定する上で、おすすめしたいチェックポイントをご紹介していきます。

汚れづらい色にしよう

外壁は、雨や風、埃などの外部からのダメージを常に受けています。
したがって、日に日に汚れていく他、劣化していきます。
この時に、汚れが目立ちやすい色と目立ちにくい色が存在します。
ではどのような色が汚れが目立ちにくいのでしょうか?

汚れが目立ちにくい色

外壁の塗料として、汚れが目立ちにくい色は、グレー系となっています。
続いて、アイボリー、クリーム系やベージュ系となっています。
外壁の天敵とも言える、汚れの原因は上記のような色となっているため、付着しても目立ちづらいです。

■汚れが目立ちにくいカラー
・グレー系
・アイボリー、クリーム系
・ベージュ系

汚れが目立ちやすい色

そして、外壁の塗料で目立ちやすい色は、白や黒となります。
メンテナンスさえしっかりできれば問題はないと思います。
ただ、ほとんどの場合は常にメンテナンスはできませんので、あまりオススメはできません。

■汚れが目立ちやすいカラー
・白
・黒

風水で決定するのも◯

最近では、希望の色と言うよりは風水を気にして色を決定される方も少なくないです。
特に希望がないという方や、悩んでいるという方は、
色それぞれに意味がありますので、是非チェックして決めてみるのも良いのではないでしょうか?

効果
白/オフホワイト 気をリセット・浄化する効果があるとされるホワイト色。仕事が上手くいくだけでなく、他の色との相乗効果も期待できます。
茶系/ベージュ 茶系(ベージュ)は、非常に運気の良いカラーであり、人間関係に良い影響を与えてくれます。家庭が上手くいくことが期待できます。
青/ブルー 青系は、非常にリラックス効果があるカラーで信頼運や仕事運のUPが期待できます。
黄色系/イエロー 黄色系は、金運などのUPを意味するカラーで、明るく楽しい生活が期待できます。
赤系/レッド 赤色系は、とても強い力を持っているカラーで、仕事運や健康運などをUPしてくれます。家族の元気UPが期待できます。
緑系/グリーン 緑色は、癒し効果が抜群!!ストレス緩和や落ち着かせてくれる効果があり、子供の成長を助けてくれる効果が期待できます。
オレンジ系 オレンジ系は、人との繋がりに関係するカラーとなっており、家族内の人間関係が円滑に明るくなるのを期待できます。

人気の色から選ぶのが無難!

外壁塗装の中でも人気のカラーというものが存在します。
戸建てのお客様に人気がある色は、ベージュ系やグレー系、またクリーム系や茶系となっています。
これらの色は、周りの風景に溶け込み、かつ落ち着きのある色で、汚れも目立ちにくいという共通点があります。
また、これらのカラーをツートンで入れる方もいます。
ツートンは、とても難しいところですが、おしゃれにしたい方におすすめな塗装です。

■人気の色ランキングベスト3
1位:ベージュ系(茶系)
2位:グレー系
3位:クリーム系

外壁塗装の色選びで迷ったら

外壁塗装の色選びで迷ったら

ここまで長い間、お疲れ様でした。
いかがだったでしょうか??
少しは、外壁塗装における色選びの重要性が伝わったでしょうか??
全くの知識のない方からしてみると、たかが”色選び”でしょ?
と思われるのですが、実はとても奥が深いんです。

外壁は、そのカラーによってとても印象が変わってきます。
また、塗り替えの時期は、おおよそ10年が目安だと言われています。
もちろん劣化の具合にもよりますけど。
また、そんなに安いものでもありませんので、失敗しないようにするために、事前にチェックしておきたいポイントがいくつかあるのです。

今回、ご紹介した失敗しないためのポイントで、
何かわからないことがあったり、質問したいことがある方、また詳しく施工実績が知りたい方は、
是非、外壁塗装フォーラムに気軽にご連絡ください。
親切なスタッフがご丁寧にご説明させていただきます。
詳しくは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
※お電話&メールでの対応が可能です。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ&ご相談お待ちしております

簡単ステップでお見積もり!

01,お問い合わせ

お電話またはネットから必要事項を入力して送信

02,調査

お問い合わせ内容を元に、調査を行います。

03,お見積もり

綿密な調査の元、最適なプランをご提案します。

この記事を執筆した著者:外壁塗装フォーラム

外壁塗装フォーラムのスタッフです。 当サイトをご覧いただきありがとうございます。 業界20年以上の経験豊富なスタッフが一生懸命、分かりやすいように執筆しております。 あなたのお悩み解決のお役に立てれば幸いです。

関連記事