埼玉県の外壁塗装、屋根塗装なら外壁塗装フォーラム

営業時間 8:30 〜 19:00(水曜・第2、第4日曜除く)電話080-3014-7380

防護菅についてのお問合せにつきましては、ご契約の電力会社にお問合せください。こちらにお問合せいただいてもお答えしかねます。

2022年4月13日 20:30

メンテナンスフリーの外壁はあるの?真相と注意点について

メンテナンスフリーの外壁はあるの?真相と注意点について

メンテナンスフリーの外壁って存在するのでしょうか?
「え、定期点検や外壁塗装などをしなくても済むの?」、「業者に言われたから何もしなくて良いんでしょ?」なんて思っている方は注意が必要です。
本ページでは、メンテナンスフリーな外壁が本当に存在するのか?
その真相や注意点などについて解説していきたいと思います。

本記事で分かること

・完全にメンテナンスフリーな外壁は存在しない
・メンテナンスフリーに近い外壁は存在する
・メンテナンスをすることで、長期的に劣化しない外壁にすることは可能

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

メンテナンスフリーな外壁は存在しない

メンテナンスフリーな外壁は存在しない

今、外壁塗装を検討中であったり、今まさに業者とやり取りをしているという方の中には、
「メンテナンスフリーな外壁」を勧められていたり、
自分でそのような物は無いかと探しているという方もいるでしょう。

確かに、業者の中には「メンテナンスフリーですよ」という謳い文句で、
高耐久性の外壁材を勧めてくる事はよくある事です。

そのままストレートに聞けば、
「メンテナンスがいらない外壁材なんだ」と勘違いしてしまうのも無理ないです。
何せフリーと言っているのですから。

しかしながら、
業者が使っている「メンテナンスフリー」とは我々が考えているものとは少し異なります。
ここで指すのは、以下のような外壁材のことを言っています。

  • 耐久性が高い
  • 汚れにくい
  • メンテナンスの手間がかからない
  • ◯年間はお手入れが不要

主には、上記のような外壁材のことを「メンテナンスフリー」と言っています。
つまり、永久に永遠にメンテナンスをしなくても良い外壁材は今のところ存在しないのです。

必ずどこかのタイミングでは手を入れないといけないですが、
その回数が少なくて済み、劣化もしづらい外壁材だと頭に入れておいて頂ければと思います。

メンテナンスが少なくて済む外壁材について

メンテナンスが少なくて済む外壁材について

メンテナンスが少なくて済む外壁材についてご紹介していきたいと思います。
主な種類としては、サイディングボード、モルタル外壁、外壁タイルの3種となっています。

外壁材 特徴
窯業サイディング ・セメントが主な成分である外壁材
・火に強いという特性がある
・メンテナンスが簡単である
・美観保護や親水性などに優れている
・ひび割れが起きやすい
金属系サイディング ・ガルバリウム鋼板がメジャー
・水に強いという特性がある
・ひび割れは起こしにくい
・錆づらいタイプもあるが、基本的にはサビや色褪せはしやすい
樹脂系サイディング ・塩化ビニール樹脂でできている
・耐久性が高く、軽量であり、変色もしにくい性質を持っている
・まだ施工実績が少ない
モルタル ・水、砂、セメントなどを混ぜてコテで塗り固めた外壁材
・火に強いという性質を持っている
・ひび割れに弱い
・近年では減っているが、昔はメジャーだった外壁材
タイル ・土や砕いた石などを高温で焼き固めたもの
・耐久性が非常に高い
・外壁材そのもの耐久性は高いものの、目地の補修などは必須
・施工費用が高くなる傾向にある

外壁材のメンテナンス時期・費用一覧

外壁材 メンテナンス時期 費用相場
窯業サイディング 10年前後 3,000〜5,000円/㎡
金属系サイディング 10年〜15年 5,000〜6,500円/㎡
樹脂系サイディング 15年〜20年 5,000〜8,000円/㎡
モルタル 7年〜10年 3,000〜5,000円/㎡
タイル 15年前後 9,000円〜/㎡
無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

外壁をメンテナンスフリーに近づけるための方法について

外壁をメンテナンスフリーに近づけるための方法について

完全にメンテナンスフリーにする事はできませんが、
それに近い状態にする事は可能です。
今からその方法についてご紹介していきたいと思います。

使用する塗料をグレードの高いものにする

外壁材そのものの耐久性を上げるため、またメンテナンス期間を長くするためには、
使用する塗料のグレードを高くするのがオススメです。

外壁用の塗料には、
いくつかのグレードがあり、下から上まで費用や特徴から選ぶことができます。
もちろん、良いグレードのものは耐久性も高いのがメリットです。

グレードの中でももっと高いのが「無機塗料」となっており、
これらは、耐久性に優れているのが特徴です。
耐用年数も長いものだと25年と設定されているものもあり、これらの塗料を使用することで、
元々メンテナンスフリーとして売られている外壁材の耐久性がより長くなります。

グレードが高くなると費用ももちろん高いのですが、
メンテナンス期間が長くなる分、塗り替えや補修の回数が減りますので、
トータルで見ると、コストが安く上がることもあります。

また、
10年に1度、外壁を塗り替えたりするのが面倒臭いと考えている方には、
こう言った耐久性の高い塗料を使うことをお勧めします。

目地の定期的なメンテナンス

外壁材には、
目地と言って、外壁材同士を繋げる役目を果たしているシーリング材が敷き詰められています。
これは、ひび割れなどを防ぐために必要なものです。

もちろんでずが、
この目地コーキング材も日々雨や風などのダメージを受けています。
したがって、定期的なメンテナンスが必要となります。

この目地のコーキング材がダメージを受けて、
ひび割れなどを起こしていると、ここから雨などが侵入してしまい、
建物の内部に重大なダメージを働かせる場合があります。

外壁材自体は、
耐久性が高くても、この目地が劣化してしまっていては、
意味がありませんので、定期的な点検が必要となっています。

ちなみに、
現在は、耐久性の高いシーリング材なども出ていますので、
まずは、業者と相談してどの種類にするか決めましょう。

外壁をメンテナンスフリーに近づけるためにやってはならない事

外壁をメンテナンスフリーに近づけるためにやってはならない事

外壁をなるべくメンテナンスフリーに近づけたいと思った際に、
絶対にやってはいけないことや注意しておきたいポイントをまとめてみました。

定期的なメンテナンスをしない

これは、ここまでも説明していることなのですが、
まず大前提として「定期的なメンテナンスは必須」だということを頭に入れておきましょう。
100%メンテナンスがいらない外壁材は存在しません。

しかしながら、
なるべくメンテナンス時期を長くさせること(メンテナンスフリーに近づける)は可能です。
そのためには、定期的な点検などをしっかりするようにしましょう。

使用する塗料やシーリング材にもよりますが、
10年〜15年に1度は点検するようにしておきましょう。

DIYで外壁塗装などをしない

外壁材の張り替えなどはできないが、
外壁塗装やシーリング材の補充などであれば自分でもできると思っている方も多いと思います。
ネット上では、塗装方法などを紹介しているサイトもありますよね。

しかしながら、
「何故、外壁塗装が高い費用がかかるのか」
を今一度、意識して頂きたいです。

この費用の高さは、
熟練した技術力を持った職人さんが塗料の本来の力を発揮するために、
塗装を行うからなのです。

それを一度もやったことがない素人がDIYで安く行った場合はどうでしょうか?
恐らく、施工不良を起こしてしまって、
結局は業者に依頼することになり、結果的にはコストが高くつくでしょう。

塗装作業は、
非常に危険な作業でもありますし、その中でしっかりとした知識や技術力があるから成り立つのです。
したがって、もしメンテナンスフリーを目指すのであればDIYだけはしないようにください。

悪徳業者に依頼する

外壁塗装などのメンテナンスには高い費用がかかります。
こうした事から、なるべく安い業者に依頼したいという方も多いでしょう。
しかしながら、そう言った激安業者は悪徳である場合が多いのをご存知ですか?

実は、外壁塗装は値引きを大幅にできるような商売ではありません。
人件費や材料費などを考えると儲けはそんなにないのです。
したがって、大幅な値引き自体が難しいのです。

そんな中、激安(相場以下)で外壁塗装を謳っている業者があれば、
それは粗悪な施工を行っている業者の可能性が高いです。
というのも、安いと言うことは本来かかる費用をどこかで削っているためです。

よくある事例としては、
人件費を削っていたり、安い塗料を使用していたり、
本来3回塗りが基本ですが、2回しか塗っていなかったりなど。

このような施工では不良を起こすことは間違い無いです。
もし、外壁をメンテナンスフリーに近づけたいと思っているのであれば、
相場内で施工をしてくれる信頼できる業者に依頼することが重要です。

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

メンテナンスフリーの外壁材はあるのか?まとめ

メンテナンスフリーの外壁材はあるのか?まとめ

本ページでは、
メンテナンスフリーの外壁材はあるのか?その真相と注意点などについてご紹介していきました。
最後に今回の内容をまとめてみたいと思います。

  • 完全にメンテナンスフリーな外壁材は存在しない
  • メンテナンスフリーに近づけるためには定期的な点検が必要
  • メンテナンスフリーに近い外壁材は存在する
  • 外壁塗装は、外壁材を守るためにも定期的に行いましょう
  • DIY補修は絶対に止めよう

いかがだったでしょうか?
なんとなく業者から「メンテナンスフリーの外壁材がある」なんて言われたら、
全く手を入れなくて良いのかな?と思ってしまいますよね。

しかしながら、
外壁材は大丈夫でも、そのほかの部分が劣化している場合があります。
このような場合には、やはり補修が必要となります。

また、
外壁材を守っているのは塗料になります。
この外壁用塗料も耐用年数というものがあり、永遠に塗り替えがいらないわけではありません。

しかしながら、
外壁材も塗料も耐久性の高いものを選ぶことで、
一生のうちで2回または3回の補修で済む場合があります。
是非、外壁材や塗料の選択から真剣に検討してみてくださいね。


埼玉県にある外壁塗装フォーラムでは、
経験豊富なスタッフ陣が丁寧に施工&アフターケアを行っています。
どんなに小さなご相談でも無料で受け付けております!
また、現地調査なども無料で訪問させていただいています!
初めて外壁塗装を行うという方や、業者選びで迷っている方は、まずは気軽にお問い合わせください。
ご相談や、お見積もりに関しては、お電話&当サイトのお問い合わせフォームよりお受けしております。

お電話の際は、HPを見たと一言ください。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ&ご相談お待ちしております

簡単ステップでお見積もり!

01,お問い合わせ

お電話またはネットから必要事項を入力して送信

02,調査

お問い合わせ内容を元に、調査を行います。

03,お見積もり

綿密な調査の元、最適なプランをご提案します。

この記事を執筆した著者:外壁塗装フォーラム

外壁塗装フォーラムのスタッフです。 当サイトをご覧いただきありがとうございます。 業界20年以上の経験豊富なスタッフが一生懸命、分かりやすいように執筆しております。 あなたのお悩み解決のお役に立てれば幸いです。

関連記事

簡単ステップでお見積もり!

01,お問い合わせ

お電話・HP・LINEからお問い合わせ下さい!

02,調査

実際に伺って、調査を致します。

03,お見積もり

調査を元に最適なプランをご提案します。