埼玉県の外壁塗装、屋根塗装なら外壁塗装フォーラム

営業時間 8:30 〜 19:00(水曜・第2、第4日曜除く)電話080-3014-7380

外壁塗装の訪問営業ってどうなの?巧みな営業トークには注意が必要

外壁塗装の訪問営業ってどうなの?巧みな営業トークには注意が必要

現在、戸建てにお住いの方は数年後には必ず外壁塗装をしなければいけない時がきます。
そんな中、急に家に訪問に来た営業マンに巧みなトークをされてしまい、どうすれば良いのかわからない・・・
そのような場合に陥ってしまった場合、どのように対処すれば良いのか、またその営業マンが本当に良心的な業者なのかを
見極めるために幾つかの注意点が存在します。
本記事では、少しでも悪徳な業者に騙されないために、あらかじめチェックしておきたいポイントをご紹介していきます。

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

外壁塗装の訪問営業って信頼できるの?

外壁塗装の訪問営業って信頼できるの?

では、まずこれから外壁塗装を行うか迷っている方、またすでに訪問営業が来ていてどうすれば良いのかわからない方、
色々な方がいるかと思いますが、突然お家にやってきて様々なトークをされて見積もりを出すことになってしまった・・・
なんて方はいるのでしょうか?
いえ、きっとこの記事を読んでいるという方は、おそらくそのような方が結構いらっしゃることでしょう。

ネットで検索してみると、
・外壁塗装 営業
・外壁塗装 営業 しつこい
・外壁塗装 営業 トーク
・外壁塗装 訪問販売

なんて調べている方が多いようです。

つまりは、実際に訪問営業の方が来てその方が本当に信頼できる方なのかどうか、
見極めるためにその事例などを調べている方が多いということです。
おそらく、今この記事を読んでいるあなたもそうなのではないでしょうか?

外壁塗装の訪問営業にくる人の手口とは?

実際に、訪問販売でお家にやってくる営業マンってどのような手口でお客様と契約しようとするのでしょうか?
ご相談でお受けした際に、伺った手口を下記に掲載しておきます。

・キャンペーンの実施中で格安でできますよパターン
・家の劣化状態などで不安を煽ってくるパターン
・大幅な値引きをすることでお得な感じを全面に出してくるパターン
・モニター価格といって格安で勧めてくるパターン
・あまりにも高すぎる見積もり請求してくるパターン
・現地調査をまともに行っていないにも関わらず見積もりを出してくるパターン
・すぐに契約を迫ってくるパターン
・見積書が一括書きになっているパターン

外壁塗装フォーラムでご相談を受けたことのあるメインとなるパターンになります。
上記のような手口で巧みにトークをして、無知で素人のお客様を丸め込む方がいます。
もちろん、全ての業者の営業マンがこのような手口で迫ってくるわけではありませんが、
上記のようなことが見られた際には、注意する必要があります。

外壁塗装の訪問営業は信頼できない!

以上のことから、外壁塗装における訪問販売の営業マンはあまり信用しない方が良いかもしれません。
もちろん、例外もありますので全ての方に当てはまる訳けではありません。
ただ、訪問営業にくる=営業会社ということを頭の隅に入れておいてください。

「訪問営業の人が塗装するんでしょ?」

このような声が聞こえてくるような気がします。
実際には、訪問営業でくる方は塗装業者ではなく、営業会社の場合がほとんどです。
つまり、中間マージンをもらっている会社ということになります。

したがって実際に塗装を行うのは、別の塗装業者ということになります。
このような場合、営業マンにもしっかりとした知識がない場合があります。
なので、突っ込んだことを聞いてみると、その実態が明らかとなるかと思います。

■外壁塗装の訪問営業は信頼できない
訪問営業にくる=営業会社
営業会社=塗装業者ではない

外壁塗装の営業マンのタイプとは?

外壁塗装の営業マンのタイプとは?

次は、実際に営業マンが家に来たという方に伺った訪問営業マンのタイプをご紹介していきたいと思います。

・家が劣化していると執拗に煽ってくるタイプ
・大幅な値引きで誘ってくるタイプ
・しつこい営業をしてくるタイプ

外壁塗装フォーラムでは、上記の3タイプに分けてご紹介していきたいと思います。

営業マンその1:執拗に煽ってくるタイプ

まずは、執拗に煽ってくるタイプの営業マンについてご紹介します。
実際に文面だけみればどういうことなのか想像するのが難しいと思いますが、
これは、偶然にお家へ訪問してきてトークを始めるんですが、以下のような不安を煽るようなことを行ってくるのが特徴です。

「ひび割れが起きているので早めに対処しないと大変なことになります」
「よく見ると屋根から雨漏りが起きているのでこのままだと腐食してしまいますよ」
「全体的に塗装する時期なので早く対処してください」

などといった、必要がないにも関わらず、このように煽ってくる方がいます。
実際に、そのような劣化状態が見受けられたとしても、ほとんどの場合はしなくても大丈夫な場合が多いです。
もし、心配になった場合には別の業者にも見積もりを出してみましょう。

営業マンその2:大幅な値引きで誘ってくるタイプ

次に、ご紹介するのはありえないほどの値引きをしてくるタイプになります。
訪問販売に来た営業マンとトークしていくうちに、値引きで誘ってくることがあります。
例えば、以下のような場合があります。

・「通常であれば、250万円のところキャンペーン中につき、今なら100万円で受けることができます」
・「今なら一括パックで100万で全てできます」

上記のように、値引きをすることでお得な感じを醸し出してくる業者もいます。
しかし、このような大幅な値引きは優良業者であれば絶対にしません。
そもそも、外壁塗装において大幅な値引きは不可能に近いのです。
もし、このような営業マンに当たってしまったらまず疑って見ることが大事になります。

営業マンその3:しつこい営業をしてくるタイプ

最後は、強引で傲慢な営業(しつこい)をしてくるタイプになります。
このような営業マンは、最初こそ偶然を装って訪問してきますが、一旦家の中に入りトークが始まると、契約が取れるまで中々帰ってくれない・・・・
さらに、一度はやらないと言って諦めたものの、後日再びやってくるなんてこともあります。

このようなしつこい営業マンに対しては、負けてしまい契約・・・・なんて方もいるぐらいです。
もし、このような方が家に訪問してきたら、「別の業者にも見積もりを取ってみますので」や
「すでに、別の業者と契約していますので」なんて言って、帰ってもらうのが賢明です。

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

外壁塗装の訪問営業の失敗例とは?

外壁塗装の訪問営業の失敗例とは?

では、実際に外壁塗装の訪問営業がきて契約してしまった場合に、どのような失敗事例があるのでしょうか?
ここで紹介する失敗事例は、いわゆる悪徳業者に騙されてしまったと言えるパターンになります。
では、見ていきましょう。

訪問営業の失敗例その1:高額な費用がかかってしまった

まずは、外壁塗装の価格相場がわからずに言われるがままに契約したら、
実際にその費用があまりにも高額なものだったというパターン
になります。
先ほども説明した通り、訪問販売にくる営業=営業会社の人です。
ということは、少しでも中間マージンを取りたいと考える訳です。
したがって、より多くの金額を取りたいから総額の費用も釣り上るという方式が出来上がってしまいます。

外壁塗装の費用相場については、
外壁塗装の費用相場ってどのくらい!?事前に知っておきたいポイントにて詳しくご紹介していますので、まずはどのくらいかかるものなのかを知識として知っておくことから始めましょう。
あらかじめ外壁塗装について知っているかいないかで騙される確率がぐんと低くなります。

訪問営業の失敗例その2:実際には必要のない工事だった

こちらもよくある失敗事例になります。
ある日、突然やってきた営業マンに「お家の劣化がひどい」、「早く直さないと大変なことになる」なんて言われて、
つい契約して工事をしてもらった結果、実際には必要のないものであり、無駄にお金を払ってしまっていたなんてことがあります。

実際に、プロではない方からすると、プロだと思われる方に劣化しているなんて言われると信じるのは当たり前です。
しかし、こちらに関しては回避するのは実は簡単。
その業者以外の業者に見積もりをお願いしてみることで解決できると思います。
また、その際には、営業マンに言われた劣化具合をチェックしてもらうとさらに良いと思います。

訪問営業の失敗例その3:手抜き工事になってしまった

訪問販売の営業マンと契約してしまった場合、実際に施工をするのはその下請けの業者になります。
ということは、通常よりも少ない金額で工事を行う場合が多いです。
その場合、どのようなところの経費を削減するかというと「塗料」や「人件費」などになります。

塗料に関しては、実は質の低い塗料が使われてしまっていた・・・なんてこともあります。
こちらに関しては、塗装が終わってから数年経ち、通常よりも早く劣化するのでわかりやすいです。

また、人件費を削るということは、必要な工程を十分な人数で行えません。
しっかりとした洗浄や下塗り、中塗り、上塗り、そして乾燥、これが完璧にこなせなくなってしまい、
仕上がりにムラができるだけでなく、すぐに外壁や屋根がダメになってしまうという事態になります。

その他、代金を支払ったら連絡が取れなくなってしまったなんて事もあるようです。
まずは、営業マンが信頼できる方なのかどうかを自分の目で判断することが必要です。

外壁塗装の営業マンに騙されないために

外壁塗装の営業マンに騙されないために

ここまで、外壁塗装の訪問販売の営業マンの実態とその失敗例などをご紹介していきました。
しっかりこの記事を読んでくださっている方なら、もう対処方法は理解できていると思います。
ですが、最後にもう一度どのような所を注意して見るべきなのか、そのチェックポイントをまとめてご紹介します。

外壁塗装の訪問営業時の注意点まとめ

・営業マンが実際に外壁塗装の知識を持っているのかどうか
・キャンペーンやモニター価格などで不当な値引きをしてきていないか
・100万以上の大幅な値引きをしてきていないか
・一括パックなどで契約しようとしていないか
・適当に劣化状態などを伝えてきてないか(こちらは別業者の見積もりを推奨)
・すぐに契約して欲しいと言われていないか
・適当な見積もりをしてきていないか(一括見積もりや適当な調査で)
・他の業者への見積もりを断ってこないか
・契約書などの大事な書面がちゃんとあるのか

正しい外壁塗装会社にお願いしよう

もし今、訪問販売の営業マンが家にきている、または先日来たなんて言う方がいたら、
すぐに、今回ご紹介した注意点をチェックしてみてください。
もしかしたら、当てはまる事項があるかもしれません。
仮に、その営業マンが優良業者であったり、悪徳業者だけども上記の注意点の項目に当てはまらなかったとしても、
すぐに契約はせずに、別の業者にも見積もりを出してみましょう。
また、営業マンに指摘された劣化具合などはメモしておき、別業者へ見積もりをお願いするときに一緒にチェックしてもらうのがベストです。

少しでも安く済ませたいというのが本音だと思います。
しかし、相場よりも安すぎる、高すぎるという場合、結果的に相場以上のお金を支払うことになるかもしれません。
外壁塗装は、約10年程度で塗り替えるものですので、少しでも信頼できる業者にお願いしたいものです。
予算も大事ですが、それだけではなく、様々な視点から良いと思える業者を選びましょう。

外壁塗装フォーラムでは、そのような不安な方のご相談も受け付けています。
「こんなことがあった」、「どうすれば良いかわからない」、このような方がいらしたら、気軽にご相談だけでもご連絡ください。
この道何十年のプロが丁寧にご対応させていただきます。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ&ご相談お待ちしております

簡単ステップでお見積もり!

01,お問い合わせ

お電話またはネットから必要事項を入力して送信

02,調査

お問い合わせ内容を元に、調査を行います。

03,お見積もり

綿密な調査の元、最適なプランをご提案します。

この記事を執筆した著者:外壁塗装フォーラム

外壁塗装フォーラムのスタッフです。 当サイトをご覧いただきありがとうございます。 業界20年以上の経験豊富なスタッフが一生懸命、分かりやすいように執筆しております。 あなたのお悩み解決のお役に立てれば幸いです。

関連記事