埼玉県の外壁塗装、屋根塗装なら外壁塗装フォーラム

営業時間 8:30 〜 19:00(水曜・第2、第4日曜除く)電話080-3014-7380

外壁塗装の足場費用ってどのくらい?種類や狭くて組めない場合の対処方法も

外壁塗装の足場費用ってどのくらい?種類や狭くて組めない場合の対処方法も

外壁塗装を行う際に、必須のものといえば色々ありますが、その中に”足場”というものを設置する必要があります。
では、この足場の設置ってどのくらいの費用がかかるのでしょうか?
屋根や外壁の塗装を初めて実施するという方からすると、その値段は未知の世界だと思います。
本記事では、外壁塗装初心者に向けて、足場の費用相場や種類、役割、そして狭くて組めない場合の対処方法などをご紹介していきます。

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

外壁塗装の足場って本当に必要!?

外壁塗装の足場って本当に必要!?

外壁塗装や屋根塗装において必須の足場ってまずはどのような役割があるのでしょうか?
あなたは、なぜ足場が必要なのかわかりますか?
知らない方もいると思いますので、まずはなぜ必要であるのか、こちらを理解するためにご説明していきます。

ここでは、足場の役割として以下の3つのポイントをピックアップ!

・職人さんの安全確保のため
・作業の効率化と仕上がりのクオリティー維持のため
・近隣への配慮のため

足場の役割その1:職人さんの安全確保のため

外壁塗装のプロである職人さんでも思わぬ事故に遭ってしまうこともあります。
例えば、足場からの落下事故などが多いですね。
ニュースではそこまで取り上げられることはありませんが、実はこのような事故はよく発生しています。
足場があっても、事故が起きることがあります。
しかし、足場がない場合、もっと酷い事故が起きることもあるかもしれません。

また、塗装は高い箇所まで行うことが多いのでその際に足場がないとやはり職人さんの安全性が心配です。
そして、仕上がりにムラが出ないように、安全第1で作業を行う場合、やはり足元の安定性は必要です。

上記のような理由から業者の安全確保のため、足場は必要となります。

足場の役割その2:作業の効率化と仕上がりのクオリティー維持のため

先ほども言いました通り、職人さんは高い場所や通常であれば塗りづらいところも塗装します。
例えば、地上から2メートルを超えてくると、ほとんどの場合は足場がないと塗装できません。
仮に、できたとしてもどう考えても仕上がりに完璧とは言えません。
塗料の耐用年数をしっかり保持するためには、丁寧な作業が必要です。
クオリティーを落とさず、完璧な仕事を行うためにも足場は必要なのです。

足場の役割その3:近隣への配慮のため

外壁塗装や屋根塗装を行う場合、近隣の住宅や住民への配慮も欠かせません。
塗料が飛んだ・・・なんてことになってしまったら、いくら仲の良い住民でもトラブルになりかねません。
しかし、足場を設置することで飛散防止シートを設置することが可能となります。
このシートを設置することで、周りの方への配慮をすることができます。
トラブルを起こさないためにもこのような対策は欠かせません。

外壁塗装の足場の費用相場は?単価の値段も知りたい!

外壁塗装の足場の費用相場は?単価の値段も知りたい!

外壁塗装や屋根塗装を行う際に必須だとお話した足場。
でも、なるべく費用は抑えたい・・・・
そんな方も多いようで、ネットでは足場について下記のように調べている方が多いようです。

・外壁 塗装 足場 費用
・外壁塗装 足場 値段
・外壁塗装 足場 価格
・外壁塗装 足場 単価

では、実際に費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?

外壁塗装の足場の費用と単価は?

まず、足場の単価から見ていきたいと思います。
業者によって、値段は異なるものの、おおよそで1㎡あたり700円〜1000円程度が単価相場となっています。

単価がわかったところで次は、費用相場(総額)を見ていきましょう。
一般的な戸建てのお家の場合(30坪)、15万円〜20万円ほどがかかることになります。

一般的に外壁塗装の際の足場の費用は、工事代金の20%程度となります。
見積書で確認をする場合、このぐらいの値段を標準として高すぎるか、安すぎるかを判断してください。

■外壁塗装の足場の費用について
単価:1㎡あたり700円〜1000円程度
費用相場:15万円〜20万円程度(30坪)

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

外壁塗装の足場の種類とは?

外壁塗装の足場の種類とは?

ここまで、足場について一緒に見ていきました。
最後に、どのような種類があるのかご説明していきたいと思います。
実際に、大きく分けてみると3つの種類が存在します。

・単菅足場
・単菅ブラケット足場
・クサビ足場(ビケ)

では、実際に見ていきましょう!

足場の種類その1:単菅足場

単菅足場は、
2本のパイプを組み合わせて設置する足場です。
パイプが2本ということは、当然ながら安定性には少々かけます。
また、職人さんが塗装だけでなく足元にも常に注意を払わなければいけないという意味でも大変な足場となります。

メリット

・隣家や建物間隔が狭い場所で使える

デメリット

・足場がとても狭く不安定
・塗装だけに集中ができない
・塗料などを持たなければいけない

足場の種類その2:単菅ブラケット足場

単菅ブラケット足場は、
パイプに板を取り付けた足場となります。
この足場は、ボルトで板を固定することで安定性が増します。
足場も広く、基本的には職人さんが動きやすい足場と言えます。

メリット

・足場が広く安定している

デメリット

・設置に時間がかかってしまう
・上手に組み立てないとボルトが緩み、揺れやすくなってしまう

足場の種類その3:クサビ足場(ビケ)

クサビ足場(ビケ)は、
現在、一般的にしようされている足場であり、もっともと安定している足場になります。
設置にかかる時間も短く、安全性が高い他、足場が広いのが特徴です。

メリット

・足場が広く作業しやすい
・組み立てに時間がかからない(解体も)
・安全性がより高い

デメリット

・組み立て時にはハンマーの音が気になる
・場所によっては、設置できないことがある

狭くて足場の設置ができない場合はどうなる!?

狭くて足場の設置ができない場合はどうなる!?

よく外壁塗装を行う予定の方で、「隣の家との間隔が狭いのですが足場を組むことはできるの?」なんて質問を受けることがあります。
実際に、単菅足場などが設置できるようであれば可能となります。
ただ、それ以上に狭く、足場も設置ができないような場合は、業者が塗装をお断りすることもあります。

また、スペース的には問題はないものの、隣家に足場を設置させてもらわないといけないような場合は、
あらかじめ、隣人に許可をとっておく必要があります。
事前に、「外壁塗装をするので、足場を設置することでご迷惑をおかけするかもしれない」という主旨をしっかり、
頭を下げて誠意にお願いすれば、基本的には拒否されることはないと思います。

もし、工事が開始してから急に押しかけてしまうようなことがあれば、隣人も不快な気持ちになるかもしれません。
長く快適に住むためにもお互い気持ち良く工事期間を過ごす必要があります。
是非、事前の挨拶は怠らないようにしましょう。

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

外壁塗装時の足場費用が無料になるって本当!?

少し前にもお話した通り、外壁塗装や屋根塗装の場合、足場の設置には全体の20%程度の費用がかかります。
しっかりとした作業を行うためにも必須のものであり、ここはケチっていはいけないところです。
ちなみに、足場の設置には国家資格があり、「足場の組立て等作業主任者」が必要です。
このようなことから、塗装業者とは別に足場専門の業者に依頼している業者も多いのが現実です。
したがって、どう考えても足場の費用が無料になることはありません。
仮に、塗装業者が全てを賄ったとしても、少しやすくなる程度で無料になるような項目ではありません。

悪徳業者の足場費用を無料にします!には注意しよう!

足場の設置には、それなりの人件費などがかかるため、無料になることはありません。
しかし、中には「足場代を無料にします」と謳って営業をかけてくる業者も存在します。
ただ、これにはカラクリがあり、実際に蓋を開けてみると、足場代は無料なものの、
その他の値段が通常より高くなっているなんてことがあります。
足場の費用を無料すると、業者が赤字になってしまいますので、良く考えて優良な業者なのかを見極めてください。

足場の費用を考える前に優良な業者にお願いしましょう!

足場の費用を考える前に優良な業者にお願いしましょう!

ここまで長い時間お疲れ様でした。
いかがだったでしょうか?
少しは、外壁塗装時の足場についてご理解頂けたでしょうか??
普段、道路を歩いているとたまに、飛散防止シートがかかっている戸建てやマンションなどを見かけますよね。
そんな時は、ふと今回の足場のことを思い出してみてください。
実際に、外壁塗装や屋根塗装を行うときって、全てが不安ですよね。
そんな時に、業者に足場の見積もりで15万円〜20万円もかかると言われたら予算的にも・・・・なんて方も多いと思います。
しかし、実際は全体の20%を占めるほど重要な作業であり、長持ちする塗装をするためにも必要なものになります。

ただ、足場を無料にします!という業者も存在するようなので、まずは優良な業者に見積もりをお願いして、
わからないことがあれば、全て質問してみるのが一番だと思います。
実際のプロから説明を受けることで不安も少しは解消できるはずです。
そのような優良な業者に頼めるよう、業者選びにも慎重になってみてください!

外壁塗装フォーラムでは、
あなたの快適な暮らしをサポートするために、経験豊富なスタッフ陣が丁寧に施工&アフターケアを行っています。

ちょっとしたご相談やお見積もりに関しても、お電話&当サイトのお問い合わせフォームよりお受けしております。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ&ご相談お待ちしております

簡単ステップでお見積もり!

01,お問い合わせ

お電話またはネットから必要事項を入力して送信

02,調査

お問い合わせ内容を元に、調査を行います。

03,お見積もり

綿密な調査の元、最適なプランをご提案します。

この記事を執筆した著者:外壁塗装フォーラム

外壁塗装フォーラムのスタッフです。 当サイトをご覧いただきありがとうございます。 業界20年以上の経験豊富なスタッフが一生懸命、分かりやすいように執筆しております。 あなたのお悩み解決のお役に立てれば幸いです。

関連記事