埼玉県の外壁塗装、屋根塗装なら外壁塗装フォーラム

営業時間 8:30 〜 19:00(水曜・第2、第4日曜除く)電話080-3014-7380

屋根塗装の期間とは!?施工開始から終了までかかる日数は!?

屋根塗装の期間とは!?施工開始から終了までかかる日数は!?

屋根塗装にかかる期間とはどれくらいなのでしょうか?
これから屋根塗装を行う予定だという方、そして今検討中だという方に向けて、
本記事では、施工開始から終了までにどれくらいの日数がかかって、どのような事を行うのか(工事内容)をご紹介していきたいと思います。
また、注意したいポイントなどもご紹介していきます!

本記事で分かること

・屋根塗装にかかる期間について
・屋根塗装の施工期間中に行う工事内容について
・屋根塗装の工事期間が延長する理由について

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

屋根塗装に必要な期間とは!?

屋根塗装に必要な期間とは!?

屋根塗装の工事は、一体どれくらいで終了すると思いますか?
恐らく、全くの知識がない方にとっては、すぐに終わると思っている方、そしてとても時間がかかると思っている方の
2パターンがいらっしゃると思います。
まずは、工事をスタートする前に、どれくらいの時間がかかるのか、頭に入れて把握しておきましょう!

では、実際にはどれくらいの期間、施工に必要なのでしょうか?
今からどのくらいの日数がかかるのか一緒に見ていきましょう!

1日目:近所へのご挨拶と工事の準備(期間:半日)

通常、屋根塗装をスタートする前には近隣住宅のご自宅へお伺いして、
これから塗装工事が始まる事や、考えられる影響(塗料の飛散や悪臭、騒音など)のご説明をさせていただきます。
この時に話す内容として、工事期間中に発生する可能性がある影響を全てご説明するほか、
工事期間、1日の作業時間などを詳しく簡潔にお話します。

なぜ、このようなことをするのかと言うと、施主様が近隣の方とトラブルを起こさないために、
事前にご挨拶に出向いて、工事についてのご説明する必要があるためです。
また、場合によっては粗品をお渡しするなどの対応も必要になってきます。

挨拶時に必要な説明

・工事期間
・作業時間(休日含む)
・工事の影響について

1日〜2日目:足場・飛散シートの設置作業(期間:1日〜2日間)

屋根塗装をスムーズに、安全に、最高のクオリティーで行うために、
足場の設置は絶対に必要な作業となります。
基本的には、1日目に足場の設置を行うことが多いと思います。
この時に、飛散防止シートも一緒に覆う作業も行います。
設置の期間ですが、概ね1日〜2日間程度で終了することがほとんどとなります。

注意点としては、
足場の設置には騒音が伴います。
工事を行っていないお宅からすると、とても耳に響く音となります。
そのため、組み立て時に金属音が鳴り響くと思いますので、必ず事前の近隣へのご挨拶は忘れないようにしましょう。

■足場設置時の注意点
事前に近隣住民への工事についてのご挨拶に伺いましょう。
トラブル防止のため、必須の作業となります。

2日目:高圧洗浄(期間:半日〜1日間)

足場の設置が終了したら、次は屋根を綺麗にするため水を使用して高圧洗浄していきます。
塗装を行う前にまずは、屋根に溜まった汚れなどを高圧洗浄で落とし切らないと、塗装を行うことができません。
屋根は、お家の一番高いところにあり、紫外線などの外部からの刺激をダイレクトに受ける部分です。
基本的に、汚れや劣化が見られる可能性が高いので、まずはそのような部分を高圧洗浄機で落とさなければ、
綺麗に塗装をすることができないので、絶対に必要な作業となります。

気になる期間ですが、基本的には半日ないし1日で終了することがほとんどとなっています。

■高圧洗浄時の注意点
近隣住宅へ水などが飛散しないように、業者に最善の注意をしてもらうようにしましょう!

3日目:下地処理(期間:1日〜2日間)

高圧洗浄が終了すると、次に行うのは下地処理と呼ばれる作業です。
これは、高圧洗浄で綺麗にした屋根で劣化している部分を補修する作業になります。
劣化とは、浮きや剥がれ、割れやサビなどの症状になります。

大きな劣化が見られなくて、大きな補修作業が行われないような場合、
基本的には1日程度で終了すると思います。
仮に、大きな補修工事が必要な劣化が見られる場合には、数日間かかることもあります。
事前の現地調査で雨漏りなど、酷い劣化がない場合はそこまでの日数はかかることはないでしょう。

■下地処理時の注意点
劣化が見られる箇所については、綺麗に補修してもらうようにしましょう。
少しでも補修できていない箇所があったり、補修が甘いとしっかりと塗膜が密着しません。

4日目:養生(期間:1日間程度)

下地処理が終了したら、次は養生と呼ばれる作業に移ります。
養生とはあまり聞きなれない言葉ですが、簡単に説明すると塗装する部分(屋根)以外の箇所に、
塗料が飛び散らないようにシートで保護する作業となります。
テープやビニール、シートなどを使用して保護していきます。

こちらの作業期間についても基本的には1日程度で終了することが多いでしょう。

5日目:下塗り・中塗り・上塗り(期間:3日間)

養生が終了したら、いよいよ屋根塗装がスタートとなります。
塗装は、基本的に3回となっており、下塗り・中塗り・上塗りを行う必要があります。
各工程、1日間を使用して全部で3日間を使用することがほとんどとなります。

下塗りは、上塗り塗料をしっかりと密着させるために必要な作業となっており、
屋根の材質にあったものを使用することで効果を発揮します。

下塗りが終了したら中塗り及び上塗りを行っていきます。
この時、塗料がしっかりと乾燥したのを確認してから中塗り、上塗りを行わないといけません。
必ず乾燥時間を設けて、しっかりと乾いたことを確認してから行う必要があります。
また、この時に付帯部も塗装を行うのが一般的となっています。

■屋根塗装時の注意点
3回の塗装工程のうち、乾燥時間はしっかりと守るようにしましょう。
もし、中塗りと上塗りを1日で行う業者がいたとしたら少し注意する必要があります。
乾燥をしっかりとさせないと、塗膜が密着せずに、本来の効果を発揮できません。

8日目:縁切り(期間:1日間〜2日間程度)

3回の塗装が終了したあとは、「縁切り」と呼ばれる作業を屋根塗装では行います。
縁切りとは、屋根材同士が塗料でくっついてしまい、通気性が悪くなり、雨水などの流れが悪くなるのを防ぐため、
隙間に入り込んだ不要な塗料を切り取っていく作業のことです。
縁切りにかかる期間としては、概ね1日〜2日間程度は必要となります。

9日目:点検(期間:1日間)

屋根塗装では、縁切りが終了すると最後に塗り残しやムラなどを点検して、
必要があれば、再度工事を行い、施工会社や施主様の最終確認を行って引き渡しの準備を行います。
こちらの作業も1日程度で終了する場合がほとんどとなります。

10日目:足場の解体・掃除など(期間:1日間)

そして、最終確認で問題がなければ、足場の解体や工事で移動したものを元に戻したり、
掃除などをして綺麗にします。
こちらの作業も基本的には期間は、1日はかかるものと思っておいてください。

■足場解体時の注意点
設置同様に、解体時にも騒音が鳴り響くことをお忘れないようにしてください。

屋根塗装の工事期間が延長する原因や理由とは!?

屋根塗装の工事期間が延長する原因や理由とは!?

ここまで、屋根塗装で行う工事内容とそれにかかる期間をご紹介していきました。
今回、ご紹介したのはあくまで最低の日数となります。
では、工事期間が延長することもあるのでしょうか?
今から、どういったことが原因で伸びてしまうのかをご紹介していきます。

1,雨などの天候が原因

例えば、工事期間中に雨が降ってしまった場合や気候などの影響で塗料の乾燥が思った以上に時間がかかった場合、
これらのことを踏まえると、基本的には2週間程度はかかってしまうと考えておくと良いと思います。
気候が比較的安定している時期に、塗装工事を行えれば一番良いのですが、
仮に夏場や梅雨の時期、そして冬の時期に行った場合には、雨や台風の影響も考慮しておかなければいけません。
基本的に、天候に左右されやすいということを頭に入れておきましょう!

2,劣化の酷い場合

屋根の劣化が思ったより酷いような場合には、通常より、工事期間が伸びることがあります。
また、面積が大きいお家などの場合にも2週間〜3週間程度は施工期間として必要だと思っておくと、
実際に延長した時に精神的ダメージは少ないと思います。

3,特殊塗料を使用した場合

通常、使用される塗料以外の特殊な塗料を使用した場合にも期間が延長することがあります。
というのも、通常使用されるものに比べて、特殊塗料はその塗装方法などが異なる場合があるからです。
耐用年数が長いものや耐久性の高い塗料を使用する場合には、平均的な施工期間より伸びるものと考えておいてください。

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

屋根塗装の施工期間についてまとめ

屋根塗装の施工期間についてまとめ

今回は、屋根塗装にかかる施工期間についてご紹介させていただきました。
ここまで長い間、お付き合い頂きありがとうございました。
最後までご覧いただき、大変感謝しております。

本記事をご覧になる前に、屋根塗装で工事期間についてどれくらいかかるのか疑問を抱いていた方は、
少しはその疑問が解決されましたでしょうか?

もし、どれくらいかかるのか正確に知りたいという方は、
是非、我々「外壁塗装フォーラム」に相談ください!!
経験豊富なスタッフ陣が丁寧にどれくらい必要なのかをご説明致します。

また、
屋根塗装を行う際には、信頼できる業者に頼むことで、
工事期間中もストレスをためずに生活することができます。
まずは、しっかりとした業者選びから検討してみはいかがでしょうか?

外壁塗装フォーラムでは、
経験豊富なスタッフ陣が丁寧に施工&アフターケアを行っています。
初めて外壁塗装を行うという方や、業者選びで迷っている方は、まずは気軽にお問い合わせください。
ご相談や、お見積もりに関しては、お電話&当サイトのお問い合わせフォームよりお受けしております。
お電話の際は、HPを見たと一言ください。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ&ご相談お待ちしております

簡単ステップでお見積もり!

01,お問い合わせ

お電話またはネットから必要事項を入力して送信

02,調査

お問い合わせ内容を元に、調査を行います。

03,お見積もり

綿密な調査の元、最適なプランをご提案します。

この記事を執筆した著者:外壁塗装フォーラム

外壁塗装フォーラムのスタッフです。 当サイトをご覧いただきありがとうございます。 業界20年以上の経験豊富なスタッフが一生懸命、分かりやすいように執筆しております。 あなたのお悩み解決のお役に立てれば幸いです。

関連記事