埼玉県の外壁塗装、屋根塗装なら外壁塗装フォーラム

営業時間 8:30 〜 19:00(水曜・第2、第4日曜除く)電話080-3014-7380

防護菅についてのお問合せにつきましては、ご契約の電力会社にお問合せください。こちらにお問合せいただいてもお答えしかねます。

2022年1月14日 20:30

屋根に起こる毛細管現象とは!?危険性とタスペーサーの重要性について

屋根に起こる毛細管現象とは!?危険性とタスペーサーの重要性について

屋根に発生する「毛細管現象」ってどのような状態のことかご存知でしょうか?
実は、放置しておくことで「雨漏り」を発生させてしまったり、お家にとって重大な劣化をもたらす可能性があります。
本ページでは、屋根塗装における「毛細管現象」の危険性やタスペーサーの重要性についてご紹介しています。
大きなトラブルになる前に、あなたの屋根の状況をチェックしておきましょう。

本記事で分かること

・毛細管現象は、表面張力が働いた状態のこと
・屋根で毛細管現象が起こると、酷い場合には「雨漏り」になってしまう
・対策としては、タスペーサー(縁切り)を行うこと

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

毛細管現象とは?

毛細管現象とは?

あなたは「毛細管現象」という言葉を聞いたことはありますか?
中には、小さい頃に理科の実験で聞いたことがあるなんて方もいるでしょう。
では、実際にどのような現象のことなのでしょうか?
まずは、簡単にこの現象についてご紹介していきます。

毛細管現象は、液体が下から上に登ること

毛細管現象の簡単な説明をするならば、
「液体が下から上に登ること」とご紹介させていただきます。
しかしながら、何となくピンとこないですよね。

もう少し分かりやすく例えさせて頂きますと、
「ジュースにストローを挿した時に、ストロー内に入ってくるジュースがコップの表面より上にくる現象です」
ご理解いただけましたでしょうか?

この毛細管現象では、
表面張力が働くことで、通常は上から下に流れるであろう液体が
下から上に登っていってしまう現象のことです。

実は、このような現象は屋根でも起こることがあります。
そして、発生してしまうと様々なデメリットが起きてしまいます。

屋根に毛細管現象が起きる原因について

屋根に毛細管現象が起きる原因について

屋根に「毛細管現象」が発生する原因って何なのでしょうか?
まずは。要因について詳しく見ていきましょう。

隙間に汚れが溜まっている

元々、スレート屋根は通気性を確保するために、隙間が空いている屋根材です。
瓦を重ねて屋根にしていく過程で、縁切りをして隙間を確保していきます。

しかしながら、
常に外部のダメージを受け続けている屋根もどんどん劣化していきます。
場合によっては、この隙間に苔などが発生している可能性もあるでしょう。

このような汚れが隙間に溜まってしまって、
結果的に通気性が失われてしまって、「毛細管現象」が起きるという流れになります。

塗料が隙間を埋めてしまっている

ここ最近、屋根塗装を行ったのだとしたら、
もしかしたらその工程で利用した塗料が隙間に入り込んでしまっているのかもしれません。
実は、屋根塗装をしたら「雨漏り」が発生したなんて方が一定数いらっしゃいます。

これは、知識不足の業者が適切な施工を行っていない可能性があります。
というのも、スレート屋根は元々通気性のために隙間を空ける必要があります。
この作業を縁切りと言います。

この縁切り作業をしっかりと行っていないと、
塗料が隙間を埋め尽くしてしまって、そのまま固まってしまいます。
その結果、通気性を失ってしまって、雨水が屋根材に溜まり、その後内部に逃げられなかった湿気とともに侵入していきます。
このような流れで「雨漏り」が発生してしまいます。

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

毛細管現象の対策方法にはタスペーサーが必須

毛細管現象の対策方法にはタスペーサーが必須

これから屋根塗装をしようと検討している方に特にご覧になって頂きたいのですが、
毛細管現象を発生させない方法として「タスペーサー」をしっかりと使用するというのが最も大切です。
また、もし使わないのであれば「縁切り」は必須と言えます。

もちろん、全ての屋根材で縁切りが必要なわけではないのですが、
スレート屋根を採用している場合には、必須と言えます。
では、「タスペーサー」とは何かを簡単にご紹介していきます。

タスペーサーとは?

屋根塗装では、これまでは塗装後に隙間に入り込んだ塗料を
カッターや皮すきで削り取って隙間を作っていました。
しかしながら、これは非常に大変な作業ですし、職人にとっても負担がある作業でした。

対して、現在は「タスペーサー」が導入されてとても作業が楽になりました。
この器具は、スレート屋根の重なった部分に挿入するだけで隙間が作れるというものです。
施工も簡単ですので、隙間が埋まってきているような屋根材では現在よく使われています。

この「タスペーサー」を利用することで、
雨が降っても、流れた雨水の逃げ道がしっかりとできますので、
「毛細管現象」が発生しづらいというメカニズムになっています。

屋根に毛細管現象を発生させないために

屋根に毛細管現象を発生させないために

屋根に「毛細管現象」が発生すると、最悪の場合には「雨漏り」になってしまいます。
しかしながら、事前にこのような現象が起きないように防ぐことはできます。
今からどのような点に注意すれば良いのかご紹介していきたいと思います。

定期的なメンテナンスを行う

築年数が10年上経っているけど、まだ一度も塗装工事を行っていないという方や、
以前の屋根塗装や外壁塗装から10年以上が経過しているという方は、
もしかしたら、「毛細管現象」が起きてしまっているかもしれません。

まずは、10年に1度は家の状態を確認するようにしましょう。
業者を呼んで、現地調査を行って状態を把握し、
必要があれば、塗装工事などを行うようにしましょう。

たとえ「毛細管現象」が発生していても、
早期に発見できれば、大ごとにならずに済むことも多いので、
まずは、メンテナンス時期をしっかりと把握しておきましょう。

タスペーサーの設置が必要か否かを確認する

まずは、あなたのお家の屋根がスレート屋根かどうかを確認しましょう。
その上で、隙間が塞がってきていないかどうか、
また、タスペーサーの設置はされているのかどうか、設置する必要があるかどうかを業者に確認しましょう。

悪徳業者でない限りは、
基本的には、こちらが何も言わずともしっかりと施工はしてもらえると思いますが、
不安な方は、一度屋根の状態やタスペーサーの設置有無については聞いておきましょう。

優良業者に依頼する

これは当然のことですが、
しっかりと技術があり、実績があるような業者に依頼するようにしましょう。
まずは、屋根塗装の実績をしっかりと確認してから決めるのが良いでしょう。

また、
一括検索サイトのようなところではなく、地元密着型で頑張っているような
業者に依頼するのがベストです。

地元でそれなりの評価を得ているような業者であれば、
まず悪徳であることはないでしょう。
何故なら、それだけ地元民に信用されている業者だからです。

まずは、業者選びから本腰入れてみてはいかがでしょうか?

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

屋根塗装と毛細管現象の関係性についてまとめ

屋根塗装と毛細管現象の関係性についてまとめ

本ページでは、
屋根に発生する「毛細管現象」についてご紹介させて頂きました。
最後に今回の内容をまとめてみたいと思います。

  • 毛細管現象は、表面張力によって液体が下から上にいく現象
  • 屋根でも毛細管現象は発生し、酷い場合には「雨漏り」になる可能性も
  • 原因は、スレート屋根の隙間が適切に空いていないこと
  • 隙間を空けるには、「タスペーサー」が効果的

いかがだったでしょうか?
本ページをご覧になられているあなたは、きっと屋根に関すること、雨漏りに関することでお悩みなのでしょう。
少しは解決することはできましたか?

「毛細管現象」は、
放置しておくと、雨漏りだけでなく、家内部にも大きなダメージを与えます。
もし、既に雨漏りになっている場合には、劣化が進んでいる場合もありますので、早急に業者にご相談ください。

現時点では雨漏りにはないっていないという方も、
前回のメンテナンスから時間が経っている場合には、一度現地調査をしてもらうのが良いでしょう。


埼玉県にある外壁塗装フォーラムでは、
経験豊富なスタッフ陣が丁寧に施工&アフターケアを行っています。
どんなに小さなご相談でも無料で受け付けております!
また、現地調査なども無料で訪問させていただいています!
初めて外壁塗装を行うという方や、業者選びで迷っている方は、まずは気軽にお問い合わせください。
ご相談や、お見積もりに関しては、お電話&当サイトのお問い合わせフォームよりお受けしております。

お電話の際は、HPを見たと一言ください。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ&ご相談お待ちしております

簡単ステップでお見積もり!

01,お問い合わせ

お電話またはネットから必要事項を入力して送信

02,調査

お問い合わせ内容を元に、調査を行います。

03,お見積もり

綿密な調査の元、最適なプランをご提案します。

この記事を執筆した著者:外壁塗装フォーラム

外壁塗装フォーラムのスタッフです。 当サイトをご覧いただきありがとうございます。 業界20年以上の経験豊富なスタッフが一生懸命、分かりやすいように執筆しております。 あなたのお悩み解決のお役に立てれば幸いです。

関連記事

簡単ステップでお見積もり!

01,お問い合わせ

お電話・HP・LINEからお問い合わせ下さい!

02,調査

実際に伺って、調査を致します。

03,お見積もり

調査を元に最適なプランをご提案します。