埼玉県の外壁塗装、屋根塗装なら外壁塗装フォーラム

営業時間 8:30 〜 19:00(水曜・第2、第4日曜除く)電話080-3014-7380

防護菅についてのお問合せにつきましては、ご契約の電力会社にお問合せください。こちらにお問合せいただいてもお答えしかねます。

2021年6月16日 20:30

花粉や黄砂は屋根・外壁塗装に影響ある!?真実をお伝えします

花粉や黄砂は屋根・外壁塗装に影響ある!?真実をお伝えします

屋根塗装、外壁塗装において、花粉や黄砂などが多くなるシーズンは何か影響あるのでしょうか?
こんな質問をされることもしばしばあり、気になっている方が多い問題だと思います。
本ページでは、そんな花粉や黄砂などが塗装工事に影響するのかどうかをご紹介していきたいと思います。
長年、塗装会社にて働いている職人のリアルな本音をお伝えします。

本記事で分かること

・花粉や黄砂が酷くても屋根・外壁塗装は問題なし
・影響はほとんどなく、それは飛散防止シートによるもの
・心配なら別の時期にずらすのがオススメ

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

花粉や黄砂が屋根・外壁塗装に影響するの?

花粉や黄砂が屋根・外壁塗装に影響するの?

3月〜4月にかけて、多くの方が「嫌だな〜」と思うのはやはり「花粉が多くなるから」ですよね。
かく言う私も、花粉症を持っていまして、毎年この春の季節になると、
目の痒みやくしゃみ、鼻水など、とても苦しい毎日を送っています。

また、最近では「黄砂」と呼ばれるものも飛んでいまして、
すぐに車や家が汚れてしまって、結構大変ですよね。

そんな中、外壁塗装や屋根塗装を検討されている方の中にこのような質問が多々あります。
「花粉や黄砂って塗装工事に影響はないのですか?」
「なんとなく、花粉や黄砂が付着することで、施工不良を起こしそう」

上記のような質問を受けるのですが、
まず、結論からいいますと「特に大きな影響はない」と言えます。
それは何故かについて今からご紹介していきます。

悲惨防止シートによって花粉や黄砂は防ぐ事ができる

外壁塗装であっても、屋根塗装であっても、必ず最初に足場を設置します。
これは工事中の安全面や仕事のパフォーマンスを上げるためにも重要な工程です。
そして、足場の設置と同時に飛散防止シートを覆います。

これは、家全体をシートで覆うことで、
塗装する塗料の飛び散りや、外部からの花粉や黄砂などの侵入を防ぐ役目があります。
また、道具の落下などを防ぐためにも重要です。

塗装工事では、
近隣の車に塗料が飛び散ってしまったり、施工主のお家の余計な箇所に
飛散してしまったりすることもあるので、それを防ぐためにも必要なのです。

飛散防止シートを含めて、
塗料などの飛び散りを防ぐことは「養生」と言います。
当サイトでは、養生について下の記事にて詳しく書いているので、気になる方はチェックください。

塗装面の花粉や黄砂は高圧洗浄で綺麗に除去

飛散防止シートで外からの花粉や黄砂はある程度はブロックできるけど、
現在、付着したままの状態では綺麗に塗装する事ができません。
したがって、塗装前にはしっかりと高圧洗浄を行います。

お客様の中には、
この高圧洗浄によって、多少の花粉や黄砂などが飛び散ってしまい、
花粉症である自分に何か影響があるのでは?と考える方もいらっしゃいますが、
水で洗浄しているので、そこまで大きな影響はないと思います。

しかしながら、
高圧洗浄に限らず、作業中にある程度は浮遊してしまう可能性があるため、
酷い花粉症の方などは、時期をずらしての工事をオススメ致します。

まとめ

  • 花粉や黄砂は屋根・外壁塗装工事に影響なし
  • 悲惨防止シートで外部からの花粉・黄砂をブロック
  • 作業中の花粉などの浮遊が心配な方は時期をずらすのがオススメ

そもそも黄砂とは?

そもそも黄砂とは?

外壁塗装・屋根塗装に影響はないとしても、
そもそも黄砂ってなんなの?って方に簡単にご紹介をしていきたいと思います。

黄砂について

黄砂については環境省により詳細が説明されています。

中国大陸内陸部のタクラマカン砂漠、ゴビ砂漠や黄土高原など、乾燥・半乾燥地域で、風によって数千メートルの高度にまで巻き上げられた土壌・鉱物粒子が偏西風に乗って日本に飛来し、大気中に浮遊あるいは降下する現象です。

出典:黄砂ってなに? – 環境省

黄砂の浮遊時期について

黄砂が日本で多くなる時期についてですが、
3月・4月をピークに少しずつ減っていきます。
しかしながら、5月に入っても量がそこそこなので、6月に入るまでは浮遊量は多いでしょう。

また、最も多い時期については、
1年を通して「4月」となっているので、気にしている方はこの時期の塗装工事は避けるべきでしょう。

人体への影響について

黄砂が原因として、健康被害が出ていると気付いている方は少ないですが、
呼吸器や循環器に疾患をお持ちの方や、アレルギー体質の方、
小さい子供や高齢者などは影響が出やすいとされています。

また、ついつい花粉と勘違いしてしまっていますが、
黄砂アレルギーであり、肌に異常が出ていることに気付いていないと言うこともあるようです。

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

花粉・黄砂の時期の屋根・外壁塗装での注意点

花粉・黄砂の時期の屋根・外壁塗装での注意点

もし、自身が花粉症などであって、花粉や黄砂などが多い時期に、
屋根塗装や外壁塗装を行う際には、注意しておきたいポイントがあります。

マスクを着用する

もし、工事によって花粉や黄砂などが浮遊してアレルギー反応が出るかも?と不安な場合には、
家の中でもマスクを着用する事をオススメいたします。
マスクと合わせてゴーグルもすることで、ある程度防ぐことはできると思います。

家の中でマスクは息苦しいような感じはしますが、
工事期間の1週間〜2週間だけ我慢してもらって、健康被害を最低限に抑えるようにしてみてください。

窓を開けない

工事期間中、窓を開けられるかどうかを確認する方も多いですが、
仮に換気をしたいと思っても、施行が終わるまでは窓を開けないようにしてください。
窓から浮遊した花粉などが入る可能性もあるため、心配であれば工事が終わるまでは閉めたままをオススメ致します。

空気清浄機を活用する

花粉症で悩まれている方であれば、恐らくいえに空気清浄機はあるかと思いますが、
工事期間中は、絶対につけたままにしてください。
ある程度は、ブロックする事ができるはずです。

花粉・黄砂が屋根・外壁塗装に影響があるかどうかまとめ

花粉・黄砂が屋根・外壁塗装に影響があるかどうかまとめ

本ページでは、
花粉や黄砂が外壁塗装・屋根塗装に影響があるのかどうかについて解説させていただきました。
最後に今回のまとめを見ていきましょう。

まとめ

  • 花粉や黄砂は塗装工事に影響はない
  • 飛散防止シートや高圧洗浄により、花粉・黄砂の影響はほぼ無しで工事ができる
  • 花粉症やアレルギー疾患をお持ちの場合には、心配であれば時期を6月以降にずらすのがオススメ
  • どうしても3月〜5月あたりに工事をしたい場合には、家の中でも外と同じ対策が必要

いかがだったでしょうか?
意外と疑問に思われている方が多い「黄砂や花粉の問題」。
確かに、しっかりと施工しないと影響はあるかもしれませんが、優良業者であればこれくらいは大した問題ではありません。

また、アレルギーをお持ちの方の場合には、
「どうしてもその時期にやりたい理由」がないのであれば、
少しずらしていただいた方が、身体的な不安は無くなるかと思います。


埼玉県にある外壁塗装フォーラムでは、
経験豊富なスタッフ陣が丁寧に施工&アフターケアを行っています。
どんなに小さなご相談でも無料で受け付けております!
また、現地調査なども無料で訪問させていただいています!
初めて外壁塗装を行うという方や、業者選びで迷っている方は、まずは気軽にお問い合わせください。
ご相談や、お見積もりに関しては、お電話&当サイトのお問い合わせフォームよりお受けしております。

お電話の際は、HPを見たと一言ください。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ&ご相談お待ちしております

簡単ステップでお見積もり!

01,お問い合わせ

お電話またはネットから必要事項を入力して送信

02,調査

お問い合わせ内容を元に、調査を行います。

03,お見積もり

綿密な調査の元、最適なプランをご提案します。

この記事を執筆した著者:外壁塗装フォーラム

外壁塗装フォーラムのスタッフです。 当サイトをご覧いただきありがとうございます。 業界20年以上の経験豊富なスタッフが一生懸命、分かりやすいように執筆しております。 あなたのお悩み解決のお役に立てれば幸いです。

関連記事