埼玉県の外壁塗装、屋根塗装なら外壁塗装フォーラム

営業時間 8:30 〜 19:00(水曜・第2、第4日曜除く)電話080-3014-7380

防護菅についてのお問合せにつきましては、ご契約の電力会社にお問合せください。こちらにお問合せいただいてもお答えしかねます。

2022年2月23日 20:30

外壁塗装は値引き交渉できるの?成功する秘訣と注意点について

外壁塗装は値引き交渉できるの?成功する秘訣と注意点について

外壁塗装や屋根塗装って値引き交渉することはできるのでしょうか?
実際に高額な買い物であるので、少しでも良いから安くならないかなと思われるのは普通のことです。
実際に、ディスカウントができるのかと問われれば「可能」な可能性もあるとお答えします。
しかしながら、必ずしもうまくいくわけではないですし、場合によっては失敗に終わる可能性もあります。
本ページでは、外壁塗装の値引き交渉を成功させるための秘訣や注意点などについてご紹介しています。

本記事で分かること

・外壁塗装は、値引き交渉が可能
・成功するポイントは「交渉術」にあり
・大幅な値引き交渉や強引な値引きは返って高くつく場合があるので注意が必要

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

外壁塗装って値引き交渉できるの?

外壁塗装って値引き交渉できるの?

築年数が10年を超えたタイミング、前回の塗り替えから10年を超えたタイミング、
これらがいわゆる外壁塗装や屋根塗装の塗り替えの時期だと言われています。
これは、塗料の寿命がこのぐらいであることからです。

しかしながら、
外壁塗装って数万円でできるわけではなく、
大抵の場合には、80万円〜150万円程度の高額な買い物になります。

中には、この費用があまりにも高いために、
メンテナンスを怠ってしまって、気づけば20年以上が経っているなんて事もあります。
しかし、このように点検時期が長くなればそれだけ劣化が進んでいるため、結果的に高い買い物になる場合が多いです。

そんな外壁塗装ですが、
もし値引き交渉ができるとしたらあなたはしますか?
実は、お客様からの質問でも「値引きはできますか?」なんて内容が意外と多いのです。

まず、結論からご説明しますと、
「外壁塗装の値引き交渉は可能」だと言っておきます。
一般的には、どれくらいの価格を引いてもらえるものなのでしょうか?

外壁塗装の値引き率はどれくらい?

値引きが可能な外壁塗装ですが、実際にはどれくらいの金額が安くなる目安となるのでしょうか?
一般的な値引率としては、おおよそ「約10%」が限界だと思っておくと良いと思います。

「え、思ったより低い!」
なんて思われたかもしれませんが、それでも1割引きはとても大きいと思います。
大抵の場合には、10万円前後の値引きですから有り難いところだと思います。

では、何故このような値引率なのかについご紹介していきます。
元々、外壁塗装は経費分がとても高いため、元々適正価格で見積もりを提示していれば、
そもそも値引き自体がおまけ程度にしかなりません。

したがって、
半額や30%引きなんて大幅な値引きはできないのです。
これが何故、10%が限界なのかの理由になります。

外壁塗装における値引き交渉のポイント

外壁塗装における値引き交渉のポイント

少しでも支払う金額を少なくするために、
業者との交渉で成功する秘訣(ポイント)についてご紹介していきたいと思います。

外壁塗装の閑散期に依頼する

外壁塗装は、1年中行うことは可能なのですが、
適正である時期を外すと、業者の閑散期となります。
このような暇な時期を狙って工事を依頼することで、多少の値引きを受ける事ができる場合があります。

外壁塗装の人気のシーズンとしては、
春や秋などの比較的に気候が安定している時期となります。
対して、閑散期は冬や梅雨〜夏となります。

業者も閑散期には仕事があまり入っていないため、
この時期に工事ができると喜びます。
また、手が空いていることからも値引きが可能な場合が多いです。

業者によっては、
こう言った閑散期には、自らキャンペーンなどを行っている場合もあるので、
交渉する前から普段より少しお安くなっている場合もあります。

大幅な値引きは控えよう

先ほどもご紹介した通り、外壁塗装は必要経費が結構高いです。
したがって、大幅な値引き交渉をすることで、失敗に終わる事が多いです。
利益率などを考えても、そもそも大幅な値引き自体が出来ないということを頭に入れておくと良いでしょう。

交渉をする際には、
まずは「10%」程度の値引き交渉から入って、
結果的に少しでも値引きに応じてもらえたらラッキーぐらいに考えておくと良いと思います。

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

外壁塗装における値引き交渉の際の注意点

外壁塗装における値引き交渉の際の注意点

もし、あなたがこれから外壁塗装や屋根塗装の値引き交渉をしようと思っているのであれば、
注意しておきたいポイントがいくつかあります。
失敗しないためにも、これらの注意点を事前にチェックしておきましょう。

傲慢な態度で値引き交渉をしない

たまに、「自分はお客様」、「お客様は神様だろう」なんて態度で、
上から傲慢な態度で話す方もいるのですが、
業者も人間なので、こう言った方には良いイメージは持ちません。

ましては、
これからお客様の大切なお家の工事を担当するのですから、
こう言ったネガティブな感情があると、施工にも何かしらの影響があるかもしれません。

また、
優良業者の場合には、無理してこう言ったお客様の依頼に応える必要がないと考えて、
依頼を拒否する可能性もあります。

工事自体をしてもらえないとなると、
値引き交渉以前の問題になりますので、なるべくは傲慢・横柄な態度は取らないように、
値引き交渉に応じてもらえそうな雰囲気で話してみてくださいね。

業者間で無駄な値引き競争はさせない

中には、相見積もりを取る方もいるでしょう。
場合によっては、この結果を値引き交渉として使用される事もあると思います。
もちろん、A社に対して「B社はこの金額だったから悩んでいる」というような交渉はアリです。

しかしながら、
業者間で値引き競争をさせるような交渉をすると、
どちらも少しずつ値引きに応じて、結果的に相場より思った以上に安くなる場合があります。

このようになれば、お客様からすると嬉しいかもしれませんが、
施工不良を起こしやすくなってしまうので、あまりやらない方が良いかと思います。

大幅な値引き交渉をしない

大幅な値引き交渉は絶対にやめましょう。
まともな業者であれば、そもそも大幅な値引き自体が不可能です。
まずは、最大で10%が値引率の限界であることを頭に入れておきましょう。

ちなみに、大幅な値引きが何故ダメなのかを以下にまとめてみました。

  • 工事のスケジュールを短縮されてしまう
  • 塗料などの材料のグレードを低いものに変えられてしまう
  • 乾燥時間が不適切になる
  • 工賃が高い職人ではなく、新人などに任せる

上記のような事が大幅値引きで起こります。
これは、とても危険であり結果的に施工不良を起こしかねないです。

問題なのが、施工不良は多くはすぐには起きないため、
1年後や2年後におかしなことに気づく事が多いのです。
もし、施工不良になると結果的に2倍の外壁塗装費用がかかるので、大きな負担となります。

大幅な値引きをしてくる悪徳業者に注意

外壁塗装が大幅な値引きが出来ないと冒頭でもご説明しました。
しかしながら、ネット上ではたまに「50万円も値引きしてもらえた」なんてコメントも見受けられます。
このような書き込みを見た方が同じようにならないか?と値段交渉されるケースがあります。

しかし、普通であれば50万円も値引きができるなんて事は絶対にないのです。
では、何故そのような値引きが可能なのでしょうか?
その理由は以下にあります。

  • そもそも値引き前の見積もり金額が相場以上になっていた
  • 相場以下の金額で杜撰(手抜き)な工事を行うケース

大幅な値引きが成功しているケースでは、
元々の見積もり金額が相場の2倍近くに設定されている事が多く、
値引き後は相場内に戻っているだけというケースが非常に多いです。

値引きをしてもらうとなんとなく安くなった気になるのですが、
蓋を開けてみれば、相場内だったなんて事はよくある話です。
騙されないためには、まずはどれくらいの相場なのかを事前に調べておくのがベストです。

値引き以外の方法で安く抑える事も検討する

どうしても外壁塗装の費用を安く抑えたい場合には、
値引きだけでなく、別の方法も模索してみませんか?

値引き交渉をする前に、外壁塗装を安くするためには以下のような方法があります。

  • グレードの低い塗料を利用する
  • 閑散期を狙って工事を依頼する
  • 補助金や助成金を利用する
  • 火災保険を利用する

上記のような方法であれば、値引き交渉をせずとも少し安くなる可能性があります。
ただし、塗料のグレードを落とせば、それだけ代償があります。
値段ばかりに囚われてしまって、本来の目的を忘れないようにしてください。

まずは、家の保護が第一です。
保護をしっかりとする中で、どれだけ安く抑えられるかを検討しましょう。

外壁塗装の値引き交渉についてまとめ

外壁塗装の値引き交渉についてまとめ

本ページでは、
外壁塗装における値引き交渉のポイントや注意点についてご紹介させて頂きました。
最後に今回の内容をまとめていきましょう。

  • 外壁塗装の値引き交渉は可能
  • 値引率は、最大でも10%程度
  • 交渉する際には、大幅な値引き交渉はしない事
  • 傲慢な態度で交渉をしない
  • 悪徳業者の大幅値引きには注意
  • 値引きの成功の鍵は「閑散期を狙う」

いかがだったでしょうか?
本ページをご覧になるまで、どうやったら外壁塗装の費用が安くなるのか?と
悩まれていた方は、少しは解決する事は出来ましたか?

きっと多くの方は大幅な値引きを期待していたと思いますが、
申し訳ございません。
それは不可能です。

しかしながら、
消費税分程度は値引きが可能となっているので、
これぐらいの値引き率であれば成功する可能性があると思っていただければ良いです。

私としては、
費用はとても大きな問題なのでお気持ちはよくわかります。
しかしながら、一番に考えていただきたいのは家の保護です。
次のメンテナンスまでのスパンをどれだけ長くできるか、次の塗り替えまでにどれだけ劣化を防げるかにも注目していただければと思います。


埼玉県にある外壁塗装フォーラムでは、
経験豊富なスタッフ陣が丁寧に施工&アフターケアを行っています。
どんなに小さなご相談でも無料で受け付けております!
また、現地調査なども無料で訪問させていただいています!
初めて外壁塗装を行うという方や、業者選びで迷っている方は、まずは気軽にお問い合わせください。
ご相談や、お見積もりに関しては、お電話&当サイトのお問い合わせフォームよりお受けしております。

お電話の際は、HPを見たと一言ください。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ&ご相談お待ちしております

簡単ステップでお見積もり!

01,お問い合わせ

お電話またはネットから必要事項を入力して送信

02,調査

お問い合わせ内容を元に、調査を行います。

03,お見積もり

綿密な調査の元、最適なプランをご提案します。

この記事を執筆した著者:外壁塗装フォーラム

外壁塗装フォーラムのスタッフです。 当サイトをご覧いただきありがとうございます。 業界20年以上の経験豊富なスタッフが一生懸命、分かりやすいように執筆しております。 あなたのお悩み解決のお役に立てれば幸いです。

関連記事

簡単ステップでお見積もり!

01,お問い合わせ

お電話・HP・LINEからお問い合わせ下さい!

02,調査

実際に伺って、調査を致します。

03,お見積もり

調査を元に最適なプランをご提案します。