埼玉県の外壁塗装、屋根塗装なら外壁塗装フォーラム

営業時間 8:30 〜 19:00(水曜・第2、第4日曜除く)電話080-3014-7380

2019年12月15日 19:51

外壁塗装で4回塗りって必要ある?塗る回数による違いを解説

外壁塗装で4回塗りって必要ある?塗る回数による違いを解説

外壁塗装では、通常3回塗りが基本的ですが稀に「4回塗り」を行う場合や業者がいます。
なんとなく塗料の塗布量が増えるので、回数が多いほうが良いような気がしますが実際はどうなのでしょうか?
本ページでは、業者に「4回塗り」を勧められたという方などに向けて、回数による違いや悪徳業者に騙されないための知識を解説していきます。

本記事で分かること

・外壁塗装で「4回塗り」が行われる場合について
・4回塗りの内容について
・4回塗りを行う事によるメリット&デメリットについて
・塗る回数による違いについて
・「4回塗り」についての注意事項について

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

外壁塗装で「4回塗り」ってよくあるの?

外壁塗装で「4回塗り」ってよくあるの?

まず、まだ一度も外壁塗装を行ったことがないという方や知識が浅い方に向けて、
実際に何回塗りが基本なのかについてご紹介していきたいと思います。

外壁塗装では、
いわゆる「3回塗り」が基本となっており通常であれば、
「下塗り」・「中塗り」・「上塗り」の3回の塗装を行います。

では、何故3回塗りが基本と言われているのでしょうか?

塗料によって塗布量などが定められているため

何故、通常は「3回塗り」が基本なのかと言うと、
そもそも塗料を販売する各メーカーから面積に対する塗布量が定められています。
これは、より効果的に塗料の効果を発揮させるための量であり、
実験からの結果、この規定量が決められています。

つまり、通常の外壁であれば、
塗料を3回塗装することで、十分に外部からのダメージを防ぐことができると考えらていることになります。

そのため、通常であれば3回塗りが基本と言われています。

4回塗りって本当にあるの?

基本は3回塗りである外壁塗装ですが、
稀に「4回塗り」することもあります。
ただし、これは外壁の劣化状況などによって変わってきますので、頻繁に行われるものではないと考えてください。

4回塗りを行う際はどのような工程内容なの?

4回塗りを行う際はどのような工程内容なの?

もし、業者から「4回塗り」を提案されたという場合、
通常の3回塗りとどのように工程が異なるのかも知っておく方が良いと思います。
今回は、2パターンをご紹介していきたいと思います。

1,下塗りを2回を行うパターン

通常は、1回しか行わない「下塗り」を2回行うパターンになります。
こちらは、外壁材が劣化して傷んでいるために、下塗り塗料を思った以上に吸い込んでしまう場合に、
さらに、上からもう一度塗布するという方法になります。

劣化している外壁材の場合、通常より塗料を吸い込みます。
この時、そのまま中塗り、上塗りへと進んでしまうと、うまく塗膜が密着せずに、
結果的にすぐに剥がれてしまうなんて事になりかねません。

そのため、さらに上から2度塗りすることで、
塗膜をしっかりと密着させて、丈夫な外壁を作るイメージです。

劣化した外壁材を外部からダメージから復活させるための1度目の下塗り、
そして、上から塗装する塗料と密着させて、耐久力を最大限に生かすために、
塗布する2度目の下塗り、これらはとても重要な役割を担っています。

2,中塗り2回のパターン

もう一つのパターンとしては、
下塗り1回・中塗り2回・上塗り1回の計4回の塗装を行うパターンです。

こちらでは、仕上げ材となる塗料を2度塗るという方法になります。
塗膜が暑くなるのはもちろんですが、劣化した外壁材にはあまりオススメできない方法になります。

もし、こちらの方法で業者が提案をしてきた場合には、
下塗りを2回行う方法に変更してもらう事をオススメします。

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

4回塗りを行う事のメリット&デメリットについて

4回塗りを行う事のメリット&デメリットについて

ここまで、外壁塗装で4回塗りを行う際の工程などをご紹介させて頂きました。
では、実際に施工したとして、どのようなメリットやデメリットがあるのか見ていきましょう。
良い点だけでなく、悪い点もしっかりと把握して検討しましょう。

「4回塗り」のメリット

外壁塗装で「4回塗り」を行うメリットというのは正直そこまでないと思って頂きたいです。
というのも、すべてのお家で必要なものではなく、
劣化が激しい外壁に対して行うものですので、メリットというよりは、
塗料、そして外壁材の本来の機能を正常に働かせるために行う施工だと思って頂ければ良いと思います。

もちろん、外壁が丈夫になり風や雨からのダメージに強くなるというのは間違いありません。

「4回塗り」のデメリット

そして、「4回塗り」によるデメリットですが、こちらはいくつかの点をあげる事ができます
まず、以下をご覧ください。


・通常より金額(費用)が高くなる
・作業工程が多くなる
・作業期間が長くなる

まず、4回も塗料を塗装するという事は、それだけ使用する塗料の量が多くなるという事です。
3回塗りの場合と比べても、この点だけでも費用が高くなるのは言うまでもありません。

そして、
4回の塗装によって、通常より工程が多くなる事もご理解頂けるかと思います。
これらによって、作業を行う職人さんの人数が増えたり、作業量が増えたりします。

さらに、工程が増える事で発生する大きなデメリットとして、
「施工期間が長くなる」という事です。
通常であれば7日間の予定が10日間になるなど、通常より工事期間が伸びるのは覚悟しないといけません。

外壁塗装で「4回塗り」が行われる場合ってどんな時?

外壁塗装で「4回塗り」が行われる場合ってどんな時?

先ほどは、「4回塗り」が頻繁に行われるものではないとご説明させて頂きました。
では、仮に施工されるとしたらどのような状況の時なのでしょうか?
今から。そのシーンについてご紹介していきたいと思います。

1,外壁材が劣化している場合

築年数が10年以上も経っているのにまだ一度もメンテナンスを行っていないという場合や、
地域や立地などによって紫外線や雨などの外部からのダメージに常にさらされており、
思った以上に外壁材に劣化が見られるような場合に、4回塗りを行う場合があります。

これは、傷んでしまった外壁材を補強するためと、
仕上げ塗料の耐久性を高めるために行われる施工になります。

2,下塗り塗料を吸収してしまう場合

また、外壁材の劣化などによって、塗料を吸い込んでしまう場合にも4回塗りを行う場合があります。
こちらは、吸い込まれてしまう事で塗膜の密着性が弱くなってしまう事を防ぐために、
下塗りを2度行って、中塗り・上塗り塗料の塗膜を安定させる効果があります。

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

4回塗りは必要ある?塗る回数による違いについて

4回塗りは必要ある?塗る回数による違いについて

ここまでご覧になった方の中に、「結果的に4回塗りは必要なの?」なんて思った方も多いかと思います。
実際に、4回塗りは外壁塗装で必要なのでしょうか?

1,意味もなく回数を増やしても意味はない

まだ外壁塗装を経験した事のないお客様に、
「他者は3回塗りですが、うちは4回塗りをしますよ」なんて提案してくる業者もいるかと思います。
そうなると、なんとなくで4回塗りの方が良さそうだと思ってしまうかと思います。

しかし、3回塗りで十分な外壁に4回塗りをしても「全く意味がない」のです。
というのも、4回塗りをする事には意味があるから行うわけであり、
必要がないのに回数だけ増やしても効果は一緒、または下がる可能性もあります。

2,状況によっては4回塗りも必要である

では、実際に必要なのかどうかと言われると、
それは「外壁の状態による」としか言えません。

先ほど、どのような場合に施工されるのかをご紹介しましたが、
そのお家の劣化具合や外壁の状態を見て、必要があれば「4回塗り」を行うと考えて頂いて大丈夫です。

4回塗りに関する注意点について

4回塗りに関する注意点について

最後に、外壁塗装で「4回塗り」に関する注意点をいくつかまとめてみましたので、
今お悩みになられている方も、これから工事を検討しているという方も是非チェックください。

1,悪徳業者に注意

実は、この塗装回数というのはネットでも多くの方が検索されている通り、
業者から「4回塗り」や「2回塗り」などを提案された経験があるという方々が少なくないようです。

よく聞くのは、
「当社は3回塗りの金額で4回塗りを行いますよ」なんて提案です。
もしこのような事を言われた場合には注意した方が良いかもしれません。

というのもデメリットでも解説した通り、
4回塗りを行うと、通常より費用が高くなるのは必須なのです。
それなのに、3回塗りと同じ金額で良いという事は・・・・
もうお分かりですよね。

仮に見積書を見ても、3回塗りと同じな場合、
塗料を薄めていたり、何かの工程を省いていたり、また最悪の場合には3回塗りしかしていないなんて事もあるかもしれません。
またこのような謳い文句で営業してくる業者のほとんどは、優良でない場合が多いので、
すぐに契約をせずに、相見積もりや別の業者に依頼して相談してみるのも良いと思います。

2,優良業者にお願いしよう

「4回塗り」を提案してくる業者の中にも優良な業者は存在します。
ただし、そのような業者が悪徳業者と違うのは以下の点です。


・何故、その塗装回数なのかしっかりと説明ができる
・塗装に意味を見出している
・見積書、施工中、隈なく逐一説明してくれる

上記のような業者は基本的に優良だと思って頂いて良いでしょう。

何故、4回塗りが必要なのかをしっかりと説明できて、
施工中もきちんと説明をしてくれる業者であれば、大きなトラブルになる事はないと思います。

外壁塗装全般に言える事ですが、
工事をお願いする場合には、信頼できるかどうかをしっかり見極める事が何よりも重要です。

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

外壁塗装における「4回塗り」についてまとめ

外壁塗装における「4回塗り」についてまとめ

本ページでは、外壁塗装における「4回塗り」について解説させていただきました。
最後まで、ご覧いただきましてありがとうございました。
ここまで、長い間お疲れ様でした。

本記事をご覧になる前に何か疑問に思っていた事があるという方や、
悩まれていたという方は少しでも解決する事はできましたか?

まずは、通常は「3回塗り」である事を把握して頂き、
場合によって「4回塗り」になる事もあると頭に入れておいて頂ければ良いと思います。
もし、あなたが外壁塗装を行う際には必ず役に立つかと思います。

また、もし現在別の業者に4回塗りを勧められているという方で、
わからない事がある、相談したい事があるという方は、
是非、外壁塗装フォーラムのスタッフに気軽にご相談ください!

お電話でもフォームからでも1分未満でお問い合わせが可能です!
是非、何かありましたらお気軽にご相談ください!

外壁塗装フォーラムでは、
経験豊富なスタッフ陣が丁寧に施工&アフターケアを行っています。
初めて外壁塗装を行うという方や、業者選びで迷っている方は、まずは気軽にお問い合わせください。
ご相談や、お見積もりに関しては、お電話&当サイトのお問い合わせフォームよりお受けしております。
お電話の際は、HPを見たと一言ください。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ&ご相談お待ちしております

簡単ステップでお見積もり!

01,お問い合わせ

お電話またはネットから必要事項を入力して送信

02,調査

お問い合わせ内容を元に、調査を行います。

03,お見積もり

綿密な調査の元、最適なプランをご提案します。

この記事を執筆した著者:外壁塗装フォーラム

外壁塗装フォーラムのスタッフです。 当サイトをご覧いただきありがとうございます。 業界20年以上の経験豊富なスタッフが一生懸命、分かりやすいように執筆しております。 あなたのお悩み解決のお役に立てれば幸いです。

関連記事