埼玉県の外壁塗装、屋根塗装なら外壁塗装フォーラム

営業時間 8:30 〜 19:00(水曜・第2、第4日曜除く)電話080-3014-7380

2020年6月8日 20:31

外壁塗装で健康被害が出る原因と対策について

外壁塗装で健康被害が出る原因と対策について

外壁塗装を行う際には、人によっては健康被害を起こす場合があります。
これは、体質によるもの、体調によるものも大きく関係してきますが、原因は施工で使用する塗料にあります。
本ページでは、これから工事を行うという方に向けて、健康被害が出てしまう原因と症状、そして対策について解説していきます。

本記事で分かること

・外壁塗装で健康被害がでる原因について
・外壁塗装が原因で起こる健康被害の症状について
・外壁塗装時に健康被害を起こさないようにする対策について

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

外壁塗装で健康被害が出る!?

外壁塗装で健康被害が出る!?

まだ、一度も外壁塗装を行った事がないという方にとっては、
イマイチ、ピンと来ないと思いますが、
工事を行う事で、健康被害を訴える方がたまにいらっしゃいます。

このような事を言うと、「工事をするのが怖くなってしまう」なんて思われるかもしれません。
しかしながら、そこまで深く心配する必要もありません。
原因は簡単な事であり、最近では業者側もかなり配慮した上で工事を行うようになっています。

では、そもそもどのような事が原因で健康被害が出てしまうのでしょうか?

健康被害の原因は外壁塗装の塗料

実は、外壁塗装や屋根塗装で使用される塗料には、
有害物質が含まれており、これらが原因となって健康被害を起こす可能性があります。
実際に、どのような物質があるのかは後述しますが、主には「シンナー」などが挙げられます。

一昔前は、上記のような有害物質が含まれている塗料がメインであり、
工事中は、あまりのひどい臭いに耐えられない方もいる事もありましたが、
最近では、有害物質があまり含まれていない塗料も開発されており、そこまで深刻な問題にはなっていません。

とは言え、
有害物質が完全に0の塗料はほとんどなく、
完全に健康被害が出ないようになっているとはまだ言えないのが現状です。

そのため、家主さんやご家族の方の中に、
アレルギーを持っている方がいたり、そもそも体調的にあまりよろしくない状態の方がいらっしゃる場合には、
微々たる健康被害が出てしまう可能性があるかもしれません。

健康被害の主な症状について

外壁塗装の塗料が原因となって起こる健康被害の主な症状になります。


・吐き気
・めまい
・睡眠障害
・頭痛
・生理不順
・目や口の粘膜が傷つく
・不妊
・ノイローゼ
・呼吸困難

上記のような症状が工事中に現れた場合には、
即座に業者に相談すると共に、医師の診療を受けてください。
特に、妊婦さん、高齢者、幼児、持病持ちの方は注意ください。

健康被害がでる可能性がある有害物質について

健康被害がでる可能性がある有害物質について

外壁塗装で使用する塗料には有害物質が含まれていると先ほど説明させて頂きました。
では、実際に健康被害を引き起こさせる可能性がある物質とはどのようなものなのかを説明していきたいと思います。

voc(揮発性有機化合物)

外壁塗装で使用される塗料に含まれる有害物質として、
「voc(揮発性有機化合物)」と言う物が存在します。
こちらは、揮発性を有し、大気中で気体状となる有機化合物の総称の事です。

この「voc(揮発性有機化合物)」は、
「有機溶剤」であり、主に溶剤系塗料に含まれています。
大気中の光化学反応によって、光化学スモッグを引き起こす原因物質でもあるとされています。

また、「voc(揮発性有機化合物)」らが原因となって起こる健康被害として、
シックハウス症候群や化学物質過敏症などが挙げられます。
そのほか、大気汚染の原因物質としても知られています。

問題点としては、
「voc(揮発性有機化合物)」が外壁塗装中だけではなく、
塗装後もしばしば悪臭が漂い、それら原因となって健康被害を起こす可能性がある事です。

というのも、外壁塗装の工事が終了した後も、
数週間に渡って気化し続けるため、しばらく臭いが消えないほか、
ご家族の方々が自然と吸い込んでしまう事が問題となっています。

特にもともとアトピーなどのアレルギーをお持ちの方が
この有害物質を吸い込んでしまうと、悪化する傾向にある事が分かっています。
もし、ご家族の中にアレルギーを持っている方がいる場合には注意が必要です。

シンナー

外壁塗装で使用される塗料には「シンナー」が含まれた塗料も存在し、
これらを使って塗り替えを行う事があります。
多くの方が「シンナー」を有害物質だという認識が出来ていると思いますが説明させて頂きます。

シンナーは主に塗料を薄める際に使われる物質で、
強い臭いや刺激があることでも知られています。

このシンナーという物質は取扱いに注意が必要であり、
吸い込んでしまう事で様々な健康被害が出る事が発表されています。
一度に多くのシンナーを吸い込む事で幻覚が見えたりする事もあります。

さらに、
めまいや気管支炎脳障害など様々な健康被害が出る事が明らかとなっています。
そのため、扱う側の業者も取扱に注意が必要な物質です。

ホルムアルデヒト

シックハウス症候群を引き起こす原因物質と言われている「ホルムアルデヒト」も
実は、外壁塗装で使用される塗料に含まれている物質の一つです。

ホルムアルデヒトは、
実は様々な物に使われており、合成樹脂の製造原料、消毒剤、防腐剤、接着剤、医薬品等に
含まれている化学物質です。

シックハウス症候群の原因となる主たる理由として、
家具や建材に使用されている接着剤にホルムアルデヒトが含まれており、
これらを家の中などの密閉空間で吸い込み続ける事が挙げられます。

そのため、外壁塗装で使用する塗料にホルムアルデヒトが含まれていたとしても、
近くで吸い続ける事がない限りは心配はないと言えます。
しかしながら、幼いお子さんや妊婦さんがいらっしゃる場合には少しであっても危険性がありますので注意が必要です。

石綿(アスベスト)

少し前より問題化しており、ご存知の方も多いであろう「石綿(アスベスト)」も
実は、塗料に含まれている事がある物質の一つです。

アスベストは、
一昔前の建物の建材や塗料に含有していた主な物質の一つでした。
そのため、今でも古い建造物や建物にはアスベストが含まれている可能性があります。

廃墟や廃屋などの壁などにアスベストが含まれており、
解体の際や出向く際には、大変危険である事が注意喚起されているので、
ご存知の方も多いかもしれません。

このアスベストは、
大変危険な物質であり、吸い込んでしまうと、様々な健康被害が出る可能性があります。
特に、幼児や妊婦さんは注意が必要な物質となります。

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

外壁塗装で健康被害を出さないための対策とは?

外壁塗装で健康被害を出さないための対策とは?

ここまで、外壁塗装で健康被害が出る原因と症状、
そして、原因物質などをご紹介していきました。
中には今から工事が始まるのに不安になってしまったなんて方もいるでしょう。
そのような方に、今からすぐにできる対策方法について解説していきたいと思います!

工事期間中は避難する

例えば、工事をされる家主さんのご家族の中に小さなお子さんや妊婦さんがいらっしゃる場合には、
工事期間中から工事後1週間程度は別の場所で生活をするというのが1番の対策になります。
お近くに親戚や親族の家がある場合には、避難させてもらうのが良いでしょう。
また、少し高くはつきますがホテルに住むというのも一つの対策です。

ただし、
これは短期(1週間程度)の工事であれば出来る事は容易かもしれませんが、
長期(1ヶ月)になってしまうと難しいと思いますので、
出来る方がかなり限られてしまうと思います。

しかしながら、
様々な事を考えると避難するのが1番の得策となるので、
余裕がある方は、ぜひ検討してみてください。

水性塗料を使用する

また、有害物質があまり使われていない水性塗料を使う事も対策の一つです。
ただし、全ての塗装面で水性塗料を使えるかは業者の判断になります。
劣化の具合などによっては、水性塗料では施工できない場合もありますので注意が必要です。

しかしながら、
最初の段階で、なるべく水性塗料で施工してほしい旨を伝えておくだけで、
工事中の健康被害に対する懸念材料を少しでも減らす事が出来るでしょう。

マスクや防護服を着用する

例えば、外から帰ってくるときや出かけるとき、
そして、外壁面などをチェックする際には、マスクを防護服の着用をしましょう。
普通のマスクでも大分マシかと思いますが、出来る事なら専用の防毒マスクなどをされると良いでしょう。

防護服に関しては、
必要ないかと思いますが、肌に触れる事でアレルギー反応を起こす場合がある方は、
なるべく着用しておく方が無難だと思います。

こまめに換気する

外壁塗装中は、当然のごとく家の窓は閉め切りになります。
これは、外からの有害物質の臭いなどを入れ込まないためには必要な事です。
ただし、昼間の工事が終了した後は、塗装面とは反対側の窓を少しだけ開けるなどして換気する事も大切です。

締め切ったしまった家の空気を新たな空気を取り込んで、
新鮮にする事で長時間、有害物質に触れないようにしましょう。

また、ハウスダストのアレルギーをお持ちの方にとっても、
換気をする事はとても大切です。

外壁塗装と健康被害についてまとめ

外壁塗装と健康被害についてまとめ

本ページでは、
外壁塗装と健康被害の関係性について詳しく解説させていただきました。
本記事をご覧になる前に何かお悩みだった事や不安だった事は解消できましたか?

まずは、今回の記事の概要をまとめてみます。

・外壁塗装の塗料に含まれる有害物質が健康被害の原因
・有害物質の中には、重大な健康被害を引き起こす可能性があるものもある
・健康被害を出さないための対策はいくつかある

これから外壁塗装を行う予定の方、そして今検討中の方、
健康被害が出るかもしれないとネットなどで見て不安だった方もいるかと思いますが、
対策方法もありますし、業者側も昨今では配慮するようになってきています。

まずは、優良業者にしっかりと不安要素を相談して、
双方が信頼した上で、工事に臨むようにしてください。
悪徳業者ですと、相談も聞き入れてもらえない事も多いですので注意ください。

外壁塗装フォーラムでは、
経験豊富なスタッフ陣が丁寧に施工&アフターケアを行っています。
どんなに小さなご相談でも無料で受け付けております!
また、現地調査なども無料で訪問させていただいています!
初めて外壁塗装を行うという方や、業者選びで迷っている方は、まずは気軽にお問い合わせください。
ご相談や、お見積もりに関しては、お電話&当サイトのお問い合わせフォームよりお受けしております。

お電話の際は、HPを見たと一言ください。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ&ご相談お待ちしております

簡単ステップでお見積もり!

01,お問い合わせ

お電話またはネットから必要事項を入力して送信

02,調査

お問い合わせ内容を元に、調査を行います。

03,お見積もり

綿密な調査の元、最適なプランをご提案します。

この記事を執筆した著者:外壁塗装フォーラム

外壁塗装フォーラムのスタッフです。 当サイトをご覧いただきありがとうございます。 業界20年以上の経験豊富なスタッフが一生懸命、分かりやすいように執筆しております。 あなたのお悩み解決のお役に立てれば幸いです。

関連記事