埼玉県の外壁塗装、屋根塗装なら外壁塗装フォーラム

営業時間 8:30 〜 19:00(水曜・第2、第4日曜除く)電話080-3014-7380

防護菅についてのお問合せにつきましては、ご契約の電力会社にお問合せください。こちらにお問合せいただいてもお答えしかねます。

2020年6月15日 20:33

外壁塗装で行うタッチアップとは!?方法や必要性を解説

外壁塗装で行うタッチアップとは!?方法や必要性を解説

外壁塗装でしばしば行われる「タッチアップ」というのはどのような工程のことなのでしょうか?
これから工事を行う予定という方や、今検討中の方に向けて、
本ページでは、タッチアップの方法や必要性について詳しく解説していきたいと思います。
非常に大切な工程となりますので是非最後までチェックください!

本記事で分かること

・外壁塗装におけるタッチアップとは何かについて
・タッチアップの方法や種類について
・タッチアップの必要性について

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

外壁塗装におけるタッチアップとは!?

外壁塗装におけるタッチアップとは!?

外壁塗装や屋根塗装でしばしば行われる「タッチアップ」とは何かご存知ですか?
まだ、住宅を購入してから一度も外壁塗装工事を行なっていないという方や、
行なったことがあるという方でも経験がない方はご存知でないかもしれません。

しかしながら、
ちょっとした修正や補修などで行われる工程のことであり、
今後、タッチアップを行う可能性があると思いますので、是非どのような工程なのか知って行ってくださいね!

タッチアップは仕上げ後の塗り残しの修正の事

外壁塗装で行われる「タッチアップ」とは、
塗装工事後に、思わぬ部分の塗り残しが発見された場合や、傷があった場合に、
修正するための塗装を行うのですが、この事を指しています。

また、
サイディングをはじめ、幕板、鼻隠し、破風板などを釘止めしたあとに、
釘頭を隠すために周りの塗装面と同じ塗料で塗り直す事でもあります。

つまり、
最終チェック時に塗り残しや目立つ部分があれば補正しますよという工程の事になります。

タッチアップはの作業内容は!?

タッチアップを行う際には、
主に刷毛(ハケ)を使用して塗装を行なっていきます。
これは、塗装面が小さい事からです。

作業手順としては、
1.外壁の洗浄
2.養生
3.下地処理
4.塗装
の順に行なっていきます。

タッチアップの方法について

タッチアップの方法について

外壁塗装で行われるタッチアップの方法について解説していきたいと思います。
ちなみに、ここで紹介するのは主に以下の2パターンです。

・塗り残しなどを補正するためのタッチアップ
・釘を隠すためのタッチアップ

では、見ていきましょう!

塗り残しなどを補正するためのタッチアップについて

外壁に汚れが付着している、一部分だけに傷がある場合など、
全面を塗り替える必要がない場合には、部分的なタッチアップで補正をしていきます。
このような部分的な補正の場合、外壁塗装で塗り残しがある場合や、思わぬ傷がついた時にも行われます。

メリットとしては、
部分的な塗装となる事で、後期が短くなるほか、費用も安くなるという点です。

しかしながら、
周りの塗装面と同様の状態に仕上げる必要があるため、
仕上げ塗装後の修正であれば良いですが、塗装から時間が経ってしまった部分のタッチアップには技術が必要になってきます。

そのため、
他の外壁面と同様の色にするのがとても難しく、技術力のある業者にお願いしないと、
修正した部分だけ浮いて見えてしまうことがあります。

釘を隠すためのタッチアップについて

先ほどとは異なり、サイディングや鼻隠しなどの外壁材を釘打ちした後に、
打ち込んだ釘頭が目立たないようにするためタッチアップを行います。

「小さいから目立たないでしょ?」なんて思われるかもしれませんが、
実は、意外と目立ってしまう部分でもあり、
タッチアップを行いと、全体の統一感がなくなってしまいます。

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

外壁塗装でタッチアップが必要な理由とは?

外壁塗装でタッチアップが必要な理由とは?

ここまで、外壁塗装で行うタッチアップがどのような工程なのか、
そして、どのような方法で行われるかについて解説してきました。
では、絶対にしなくてはならないものなのでしょうか?
必要だと言われている理由についてご紹介していきます。

理由1:外壁劣化の原因になるため

まず、タッチアップを外壁塗装で行う理由として、
「劣化を防ぐため」というものが挙げられます。

どのようなことかと言うと、
例えば、塗り残しがあった部分、そして傷がついており塗装が剥がれてしまっている部分がある場合、
そこから劣化が進行する場合があるためです。

と言うのも、外壁や屋根は常に外部からのダメージにさらされています。
雨や風、紫外線などのダメージから家を守ってくれているのは何も外壁材などだけではありません。
塗装した塗料がこのようなダメージから守ってくれているんです。

そのため、保護効果のある塗料が剥がれてしまっている面では、
ダメージを直に受ける事になってしまうので、
劣化が通常より早まってしまうと言うわけです。

上記のような事からも、
タッチアップは、必要性があると言える工程になります。

理由2:美観の問題

タッチアップを行う最大の理由は劣化を防ぐためですが、
美観上の問題からも行なっておくことがベストだと言えます。

これは、小さな傷や塗り残し、そして釘頭が意外と目立つためです。
自分では、そんなに目立たないだろうと思ったとしても、
他人から見れば意外に目についてしまうことがあります。

実際に、タッチアップを行わないと、
全体の統一感もなくなってしまいますし、一部分だけ塗装が剥げてしまっていると、
非常に残念な見た目になってしまいます。

タッチアップを行う際の注意点について

タッチアップを行う際の注意点について

外壁塗装でタッチアップを行う際に、
注意しておきたい点について解説していきたいと思います。

技術力のある業者にお願いする

タッチアップは、
「小さい部分の補修作業だから安いところにお願いしちゃおう」なんて思われる方もいるかもしれません。
しかしながら、それは危険ですのでおやめください。

と言うのも、
タッチアップは、周りの塗装面と同色にする必要がある作業です。
これには、しっかりとした技術力が必要となる工程になります。

下手な職人さんがタッチアップを行うと、
明らかに他の塗装面と浮いてしまっており、誰が見ても一目でわかるほどになってしまいます。
これを防ぐには、技術力がある業者にお願いする他ありません。

まだ、前回の塗り替えから数年しか経っていないくて、
一部分が傷などによって、塗膜が剥がれてしまっているなんて場合、
信頼できる技術力に定評のある業者にお願いするとトラブルになりづらいと思います。

無料相談・お見積もり
お電話でのお問い合わせ 埼玉県の外壁塗装なら外壁フォーラムの電話番号
HPからのお問い合わせ(24時間受付中) HPからのお問い合わせ無料お見積もり・ご相談はこちら
LINEからのお問い合わせ(24時間受付中)

外壁塗装のタッチアップについてまとめ

外壁塗装のタッチアップについてまとめ

本ページでは、
外壁塗装で行われる「タッチアップ」について解説させていただきました。
本記事をご覧になる前に、何か悩まれていたと言う方や疑問に思っていたと言う方は解決できましたか?

ちなみに、今回の概要を簡単にまとめてみると以下のようになります。

・外壁塗装で行われるタッチアップは部分補修の事である
・タッチアップは劣化防止・美観の問題から必須である
・技術力のある業者にタッチアップを頼む事でトラブルが避けられる

外壁塗装は、約10年に1度行う必要があると言われています。
これは、塗料の耐用年数がだいたいこのぐらいでダメになるためです。
ただし、お住いの地域や環境によって上下するので一概には言えません。

しかしながら、10年も経っていないけれども、
外壁の一部が傷ついており、塗装が剥がれてしまっているなんて事は稀にあります。
そのような場合、放置しておく事で、次の塗り替えの時に費用と後期が伸びる可能性があります。

傷を発見した場合、
急ぐ必要はないかもしれませんが、なるべく早いうちにタッチアップなどで、
補正しておくと、費用を最小限に抑えることができます。
また、タッチアップは工期も短いのでオススメです。

外壁塗装フォーラムでは、
経験豊富なスタッフ陣が丁寧に施工&アフターケアを行っています。
どんなに小さなご相談でも無料で受け付けております!
また、現地調査なども無料で訪問させていただいています!
初めて外壁塗装を行うという方や、業者選びで迷っている方は、まずは気軽にお問い合わせください。
ご相談や、お見積もりに関しては、お電話&当サイトのお問い合わせフォームよりお受けしております。

お電話の際は、HPを見たと一言ください。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ&ご相談お待ちしております

簡単ステップでお見積もり!

01,お問い合わせ

お電話またはネットから必要事項を入力して送信

02,調査

お問い合わせ内容を元に、調査を行います。

03,お見積もり

綿密な調査の元、最適なプランをご提案します。

この記事を執筆した著者:外壁塗装フォーラム

外壁塗装フォーラムのスタッフです。 当サイトをご覧いただきありがとうございます。 業界20年以上の経験豊富なスタッフが一生懸命、分かりやすいように執筆しております。 あなたのお悩み解決のお役に立てれば幸いです。

関連記事